by them(バイゼム)あなたの声に共感する
担がされた片棒。イタリア人との濃密な恋で大阪ギャルが選んだ未来
1つ星16 件
いいね!

取材日は、2019年4月。新年度になり、進学や就職、引っ越しなどで新しい生活をスタートさせた方も多いころ。いままでとは違う環境で新しい出会いも増える時期ですが、それとともに別れの季節でもあります。

かつて「天下の台所」といわれた大阪出身のキコちゃん(仮名)は、春になると上京する前に大阪で最後に恋をした、家庭持ちのイタリア人男性を思い出すそうですよ。

私が大阪で愛したイタリア人。でも彼には秘密があった

1994(平成6)年に発売された、大阪出身のロックバンドであるシャ乱Qの『上・京・物・語』に懐かしさと愛おしさ、そしてなんだか時代の変化を感じるライター赤池リカと、その飲み友だちのキコは、ともに平成生まれの女子。

彼氏が長いこといない2人は、平成最後に誰かに抱きしめて慰めてほしかった…。そんな思いを抱えながら、今夜はイタリア人に恋した元ミニスカギャルだったキコちゃんの恋の物語を、代官山の卓球バーからお届けします。

こちらはイメージです。image by:赤池リカ

ライター赤池リカ(以下・赤):もう「平成最後」という言葉に新鮮味を感じなくなったライター。年号が変わるまでには痩せようと、最近はもっぱら岩盤浴に通っている。

キコちゃん(以下・キ):1990(平成2)年生まれ、大阪府出身。現在は東京都在住で某大手IT系企業に務めている。金曜の夜は代官山〜中目黒あたりで飲み歩く独身女子。

:やっぱシャ乱Qは最高ですね。私も地方から出てきたんで『上・京・物・語』を聞くと、東京に来た日を思い出します。関西出身のキコちゃんは、あいかわらず『大阪LOVER』(DREAMS COME TRUE)なんですか?

:相変わらず大阪ラバーっていうか、関西はいつでも最高だよ。東京も好きだけど、やっぱり関西に帰ると精神が落ち着く。ゴールデンウィークの10連休も地元に帰るしね。

:大阪は新幹線でサクッと帰れる距離だからいいですよね。せっかくの10連休ですけど、帰省以外に旅行の予定はないんですか?

:ないよ〜、彼氏もいないし。でもやっぱり10連休は彼氏と旅行の予定とか立てたいよね。あ〜彼氏ほしい。

:めっちゃわかる…。友だちとの旅行も楽しいんですけど、せっかくなら好きな人と素敵な思い出作りたいっていうか。そういえばキコちゃん、毎回彼氏ほしいっていい続けてますけど、どんな人がタイプなの?

:ん〜正直に理想をいうと、イケメンで高身長の外国人がいいなぁ。それでその人と結婚して、海外に移住するのが夢なの。マジで数年前までは、イタリアに住みたいって思ってたんだよね。

:なんかキコちゃんの理想、高そう…。というか、なんでイタリアに住みたかったの?

:なんだかんだ、ずっと忘れられない人がイタリア人で、永遠の理想の人だからかな。彼みたいな人ともう一度出会いたくてなかなか出会えなくて、次に付き合うならイタリア人がいいんじゃないかなって思い続けて、もう平成が終わろうとしてる。私も気がつけば29歳になるしね。

:ちょっと待って、私たち意外に長い付き合いなのに、そのイタリア人の話を聞いたことないんですけど。いつの話ですか?元カレ?

:あれ、いったことなかったっけ?彼と初めて出会ったのは大学4年の最後だから、2013年かな。就職先が決まって卒業間近の22歳の冬だった。

:またどうしてイタリア人と出会って、さらに付き合うことになったの?

:キツイ就活が終わって就職先も東京に決まって、大阪での最後の生活を満喫していたころに、梅田で女友だちと3人でお買い物してたの。

阪急うめだ本店(大阪府)image by:Kapi Ng / Shutterstock.com

:そのとき、1人の背の高い外国人が道を聞いてきたことがきっかけかな。それが後々付き合うことになったベルトルド(仮名)。ベルちゃんって呼んでたんだけど、彼は1人なのに私たち3人をまとめてお茶に誘ってきたの。メンタルすごくない?いわゆるナンパだよね。

1つ星16 件
いいね!
by
赤池リカ

大学時代にドイツへ1年間留学。卒業後は旅行・グルメ・恋愛系のライターとして活動中。大好きなハンバーガーとビールのために、休日はボルダリングとヨガで汗を流す。

前の記事:式は誰のためにやる?現代の若者がイメージする「結婚」のリアル

read more

! trending topics

#HOW TO#ライフ ヒントは、相談の乗り方。頼られるあの人が周りから愛されるワケ by 上村英明
#HOW TO#コン活#モテ ただ、愛されたいだけなのに。恋が実らない人の「考え方」 by 恋愛相談師マーチン
#HOW TO#親と子 母親に愛されなかった。その親子の関係を、少しだけ軽くする言葉 by 大木あゆみ
official mail magazine
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録 の最新記事が不定期に届きます
ヒントは、相談の乗り方。頼られるあの人が周りから愛されるワケ なぜかいつも周りに人が集まる。そんな人、あなたの近くにいませんか?実は、周囲から愛される人には、ある特長があ...
by

by 上村英明

ただ、愛されたいだけなのに。恋が実らない人の「考え方」 ある女性からこんな相談がありました。 「結婚紹介所で知り合った男性とお見合いをすることになったのですが、その...

by 恋愛相談師マーチン

潤いが減った私たち…かゆみ、性交痛の悩みetc専門家おすすめ解消法 誰にも言えない悩み、抱えてない? あなたには、友達にもカレにも相談できないこんな「お悩み」がありませんか? ...

by 海野千尋

もっと話したい、将来のこと。夫婦の仲を深める会話の「理想と現実」 夫は働きに出て、妻は自宅で専業主婦…といったこれまでの夫婦のあり方に加えて、ますます当たり前となりつつある共...

by ミズサワカノン

# How To

#HOW TO #モテ 
異性や同性かかわらず、ひとりの人間として愛されたい。その気持ちを活かすモテの術はどこにある? >> #HOW TO #モテ  の記事一覧を読む
#HOW TO #美容 
自分を愛する、ひとつの方法。めまぐるしく移り変わる美容のイマ。 >> #HOW TO #美容  の記事一覧を読む
#HOW TO #パートナー 
友人、恋人、職場の仲間。他人だからこそ、わかりあいたい。近くて遠いパートナーを、もっともっと愛したい。 >> #HOW TO #パートナー  の記事一覧を読む
#HOW TO #親と子 
理解者で、味方?年齢なんて関係ない。親と子は、近いからこそむずかしい。多種多様な家族の姿から、自分自身を見つけ出す。 >> #HOW TO #親と子  の記事一覧を読む
#HOW TO #結婚 
ひとりがふたりになれば、悩みも解決策もふえるもの。愛しいひととの時間をより心地よく過ごすための知恵と工夫をチェック。 >> #HOW TO #結婚  の記事一覧を読む
#HOW TO #コン活 
出会って、縁を結ぶ。コン活の流行りから、結婚までの道のり。 >> #HOW TO #コン活  の記事一覧を読む
#HOW TO #コスメ 
基本の「キ」から流行まで押さえたい。コスメはいつだって、私たちの味方なんだから。 >> #HOW TO #コスメ  の記事一覧を読む
#HOW TO #ライフ 
晴れの日もあれば、雨の日もある。自分を守り、愛するために必要なきっかけがここにある。 >> #HOW TO #ライフ  の記事一覧を読む
VIEW MORE

- Writer

美容ズカイストあつこ

理工大学で4年生をカットし、飛び級で理工大学院に入学。物事をロジカルに考えるのが得意。かつて敏感肌だったことから、化粧品成分に興味をもつ。また、実験が好きで、化粧品の効果を独自に実験し、検証。

mailmagazine >> 美容ズカイストあつこの記事を読む
りばてぃ

ニューヨークの大学卒業後、現地で就職、独立。マーケティング会社ファウンダー。ニューヨーク在住。

mailmagazine >> りばてぃの記事を読む
山本早織

16歳の時に芸能界デビュー。ヤングジャンプやマガジンなどの雑誌や、ドラマや舞台などの活動後、25歳で引退。26歳の時に結婚をし、28歳で離婚。
その後フラワーデザイナーとして独立し、婚活女性への女性らしさをフラワースクールの中でレッスンしていく。その後ご縁あって恋愛コンサルタントとして独立。

mailmagazine >> 山本早織の記事を読む
大和まや・ゆうきゆう

精神科医・心理研究家。あらゆるジャンルの心理学を極めた、セクシーな精神科医たち。あやつる心理学のスキルは1000を超える。「ゾクゾクしなければ人生じゃない!」がモットー。趣味は瞑想と妄想。特技はスノーボード。

mailmagazine >> 大和まや・ゆうきゆうの記事を読む
手塚千砂子

「ほめ日記」創始者。セルフエスティーム・コーチ。社団法人自己尊重プラクティス協会代表理事。「ほめ日記」は、潜在能力を引き出し、“なりたい自分になる”トレーニングプログラムの一部。多くの人から「救われました」「自分を好きになりました」と、好評を博している。

mailmagazine >> 手塚千砂子の記事を読む
岡田あすか

大学卒業後、大手アパレルメーカーに総合職として入社。 ヤングブランドの運営管理を担当。退職後モデルとして、旅行番組の海外ロケ、自動車メーカーのCMなどに出演。アパレルからモデル、15年洋服に携わって来た中で、自分はもっと服を着る楽しさを人に伝えたい。その想いから、現在のスタイリストという職業を選択。様々なライフスタイルの人の魅力を引き出すことに定評がある。近年、テレビやラジオなどメディアにて、ファッションアドバイザーとしても多数出演中。

mailmagazine >> 岡田あすかの記事を読む
久野浩司

19881993年アメリカ留学(ニューヨーク、フロリダ、LA)/1995年旅行会社 H.IS. に新卒入社/19962014年トイズファクトリーA&Rチーフプロデューサー(SPEED / BRAHMAN / ゆず、など数多くのアーティスト、バンドを担当)/20144月~カナダ・バンクーバーへ子育てのため移住(現在は14歳男、11歳女のパパ)ananGINGERBAILAMISSELLEなど多数、女性誌にコメンテーターとしても登場

オールアバウト恋愛ガイド

KOJI KUNO 婚活ライフデザイン コーチング

mailmagazine >> 久野浩司の記事を読む
海野千尋

1981年静岡出身。東日本大震災をきっかけに自分の生き方を再定義し始める。現在は3つのNPO団体や任意団体に関わりながら、“マイプロジェクト”である家族の未来をサーチする「ネオ・ファミリースタイル学」のキュレーターとして活動。「#新しい働き方・これからの生き方」を自分自身が体現していくことを実践中。

>> 海野千尋の記事を読む
VIEW MORE

? Question

気になる質問の知りたいボタンを押したら、
専門家は答えてくれるかも(???)
#育児  関東の田舎在住。7歳の息子が可愛らしい服を好み、「男らしく育てろ」と周りに言われます。個性を伸ばして欲しいと思う反面、今後いじめられるのではと悩んでいます。
1つ星41 件
知りたい!
Q
#パートナー #結婚 30歳目前の女性です。結婚は考えていないとお互い認識していた彼と「結婚するなら生活態度を改めろ」と喧嘩。仲直りするべき?
1つ星59 件
知りたい!
Q
#夫婦のこと #育児 子どもの頃からずっと「子どもが嫌い」で、旦那からは妊娠すれば変わると言われています。克服できるものなのでしょうか。
1つ星40 件
知りたい!
Q
#HOW TO #親と子 母親が見せる「女」の顔が許せない。成人しても親離れができていないのでしょうか?
1つ星56 件
知りたい!
Q
VIEW MORE