by them(バイゼム)あなたの声に共感する
8割以上の女性は、男性の見た目より「ニオイ」を重視する?
1つ星4 件
いいね!

近年蒸し暑さを増している「日本の夏」。そして夏と言えば切っても切れない関係なのが「汗」と「ニオイ」。9月になっても汗ばむこの季節、通勤・通学が地獄のように感じる方もいるのではないでしょうか。

クールビズも随分と定着してきましたが「蒸し暑い日本の夏をノーネクタイ・ノー上着といった軽装で快適に働ける」メリットは一方で、汗染みやニオイが目立ったりと、当人に悪気はなくても周囲に不快感を与えてしまうこともあるようです。

この度、全国に20院展開する医療脱毛専門院『メンズリゼ』が、22~45歳の男女300名を対象に【夏の汗・ニオイに関するアンケート調査】を実施。夏に汗のニオイが気になるシーンニオイの対策方法など、リアルな調査結果をご紹介します。

最も男性の臭いが気になる場所は「電車の中」

「付き合うならどちらを選びますか?」と、恋愛対象に「外見の好み」と「ニオイ」どちらを優先するかを質問したところ、20代の男女に顕著な差が見られ、女性は圧倒的に「いいニオイ」を支持していることが判明しました。

男女別の全体結果では、「外見は好みではないが、イイにおいがする人」の支持が77.3%(男性70.7%、女性84.0%)と圧倒的で、「外見は好みだが、体臭がある人」は22.7%(男性29.3%、女性16.0%)と大変低くなっています。

全体でみても、外見より匂いを優先する人が多い結果となり、人間の持つ五感の中でも、香りは相当な印象の変化をもたらすといえそうです。

「汗のニオイはどんな時に気になりますか?」という質問では、「電車の中:78.7%(男性67.0%、女性89.2%)」が圧倒的に。混雑時はどうしても密着度が高くなるため、余計に気になりやすいといえます。

続いて「オフィス・事務所の中で:48.0%(男性48.7%、女性47.3%)」「日常生活ですれ違ったとき:31.2%(男性29.6%、女性32.6%)」と、こちらも日々、避けられないシチュエーションが続いています。

「夏場、男性の汗の臭いが気になったことがありますか?」という質問では、「気になったことがある:86.0%(20代 83.7%、30代 79.7%、40代 100%)」がほぼ全ての支持を獲得。40代に至っては、100%という高い数字となっています。

「気になったことはない:14.0%(20代 16.3%、30代 20.3%、40代 0%)」にも票は入っているものの、誰もが匂いを気にしていると思って良さそうです。

「「ニオイが気になる人がいた」際、どの程度の関係性の方であれば指摘ができますか?」という質問では、「家族:46.0%(男性41.3%、女性50.7%)」から「指摘はしない:35.0%(男性36.0%、女性34.0%)」と続いています。

「恋人:29.0%(男性24.0%、女性34.0%)」「親友:17.7%(男性18.7%、女性16.7%)」「友達:15.7%(男性16.0%、女性15.3%)」という答えもあるものの、相当近しい間柄でないと指摘はできない、という人がほとんどのようです。

そして自分自身でも気になる匂いのトップといえば「ワキガ」。「ワキガの臭い、例えるとどんなニオイだと感じますか?」という質問では、キツめのラインアップが浮上しています。

  • 1) タマネギのようなツンとする臭い:35.0%(男性30.0%、女性40.0%)
  • 2)腐った牛乳のような臭い:25.7%(男性26.0%、女性25.3%)
  • 3)あてはまるものはない:20.0%(男性20.7%、女性19.3%)
  • 4)カレーのスパイスのような臭い:15.7%(男性13.3%、女性18.0%)
  • 5)鉛筆の芯のような鉄っぽい臭い:14.3%(男性13.3%、女性15.3%)

さらに「【不快に感じる「夏場の男性」】と言えばどんな特徴を思い浮かべますか?」という質問でも、かなり細かい部分まで気になる様子が伝わってきます。

  • 1) 汗の臭い:62.0%(男性55.3%、女性68.7%)
  • 2)ワキガ:48.7%(男性46.7%、女性50.7%)
  • 3)ワキ汗・汗ジミ:37.0%(男性34.0%、女性40.0%)
  • 4)背中が汗でベットリ濡れている:33.3%(男性30.0%、女性36.7%)
  • 5)顔にしたたる汗・汗かき:25.7%(男性24.7%、女性26.7%)
  • 6)頭髪が汗で濡れている:25.3%(男性19.3%、女性31.3%)
  • 7)乳首が透けている:22.0%(男性16.0%、女性28.0%)
  • 8)股間が蒸れている(もわっとする、臭い):16.0%(男性16.0%、女性16.0%)
  • 9)半袖シャツからのウデ毛(ムダ毛):15.7%(男性14.7%、女性16.7%)
  • 10)襟元などから肌着が(透けて)見える:10.0%(男性 8.0%、女性12.0%)
  • 11)ヒザ下のすね毛(ムダ毛):9.7%(男性 8.7%、女性10.7%)

そんな中、「夏場、どのような汗・ニオイ対策を行っていますか?」という質問では、それぞれに対策を講じていることも判明。中には「専門機関での治療」と、根こそぎの大作を考えている人もいるようです。

  • 1)スプレータイプの制汗剤:50.0%(男性47.0%、女性52.7%)
  • 2)ふき取りシート:47.5%(男性37.40%、女性56.6%)
  • 3)塗るタイプの制汗剤:35.7%(男性31.30%、女性39.5%)
  • 4)ファブリーズなどの消臭スプレー:19.3%(男性17.4%、女性20.9%)
  • 5)香水・オーデトワレ:16.0%(男性14.8%、女性17.1%)
  • 6)脇汗対策のシャツ・インナーを着ている:14.4%(男性15.7%、女性13.2%)
  • 7)脇に挟むパッド:7.4%(男性7.0%、女性7.8%)
  • 8)専門機関での治療:4.9%(男性5.2%、女性4.7%)
  • 9)特に何もしていない:8.6%(男性10.4%、女性7.0%)

「ニオイ対策など、美容に気を遣っている男性をどのように思いますか?」という質問では、女性たちも「いいと思う 84.4%(20代77.0%、30代76.8%、40代92.1%)」と肯定的な回答が大多数になっています。

夏という季節柄もあれど、匂いが人に与える影響はかなり大きいことが改めて感じられる今回の回答結果。いまやエチケットのひとつとして、香り対策は必須のものとなってきているといえそうです。

しかし、臭いを気にしすぎてプレッシャーになってしまえば、それは心の重しになってしまいます。ひとつの個性として、お互い気遣って残暑を乗り切っていきたいものですね。

  • source:PR TIMES
  • image by:Shutterstock.com
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
1つ星4 件
いいね!
by
村田由美子

ライター歴14年。美容師として働いていた時に出会った映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作に多大な影響を受けライターへと転身、多数の現場取材やインタビューを行う。海外プレミア/レッドカーペット・イベントへ足を運ぶことがライフワーク。

前の記事:積極的なのは50代男性。意外と知らない「カップル旅行」のリアル

read more

#モテ もうハートは離れない。きっと思いが伝わる「愛染寺」縁結びの絵馬 by 坂本正敬
#モテ 恋の力は偉大だ。言語の壁を超える「留学と恋愛」のリアル by 村田由美子
#モテ#占い・診断 愛を求め彼方へ。旅で恋愛運を上げる、星座別「開運旅行先」 by TRiP EDiTOR編集部

! trending topics

#パートナー#ライフ 積極的なのは50代男性。意外と知らない「カップル旅行」のリアル by 村田由美子
#マッチング 「ナンパの聖地とは知らなかった」心理学者が新スポットを探訪? by 富田隆
#コラム#失恋 韓国人を10年間愛した女子が、30歳目前でバカになれなかった話 by TRiP EDiTOR編集部
official mail magazine
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録 の最新記事が不定期に届きます
台湾人に恋した日本の20代女子が、夜の台北でバカになれなかった話 美味しいソウルフードにノスタルジックな街並み、そして親日として知られる台湾。人気の旅行先ランキングでは常に上...
by

by TRiP EDiTOR編集部

「ギャル」とは一体なんなのか?いま改めて考える文化とイメージ 金髪などの明るい髪色や、つけまつ毛をはじめとした濃いメイク、露出が多い派手目なファッションなど、見ているだけ...

by 赤池リカ

「ナンパの聖地とは知らなかった」心理学者が新スポットを探訪? 7月8日は「ナンパの日」。それにちなんで、心理学者でメルマガ『富田隆のお気楽心理学』の著者、富田隆さんが、最...

by 富田隆

幼い頃に母親からの愛情を受けなかった人が、自分を愛すべき理由 子供の頃に親からの愛情を受けなかったという相談がよくくるという、メルマガ著者『手塚千砂子『自分を味方にする法...

by 手塚千砂子

# How To

#HOW TO #モテ 
異性や同性かかわらず、ひとりの人間として愛されたい。その気持ちを活かすモテの術はどこにある? >> #HOW TO #モテ  の記事一覧を読む
#HOW TO #美容 
自分を愛する、ひとつの方法。めまぐるしく移り変わる美容のイマ。 >> #HOW TO #美容  の記事一覧を読む
#HOW TO #パートナー 
友人、恋人、職場の仲間。他人だからこそ、わかりあいたい。近くて遠いパートナーを、もっともっと愛したい。 >> #HOW TO #パートナー  の記事一覧を読む
#HOW TO #親と子 
理解者で、味方?年齢なんて関係ない。親と子は、近いからこそむずかしい。多種多様な家族の姿から、自分自身を見つけ出す。 >> #HOW TO #親と子  の記事一覧を読む
#HOW TO #結婚 
ひとりがふたりになれば、悩みも解決策もふえるもの。愛しいひととの時間をより心地よく過ごすための知恵と工夫をチェック。 >> #HOW TO #結婚  の記事一覧を読む
#HOW TO #コン活 
出会って、縁を結ぶ。コン活の流行りから、結婚までの道のり。 >> #HOW TO #コン活  の記事一覧を読む
#HOW TO #コスメ 
基本の「キ」から流行まで押さえたい。コスメはいつだって、私たちの味方なんだから。 >> #HOW TO #コスメ  の記事一覧を読む
#HOW TO #ライフ 
晴れの日もあれば、雨の日もある。自分を守り、愛するために必要なきっかけがここにある。 >> #HOW TO #ライフ  の記事一覧を読む
VIEW MORE

- Writer

美容ズカイストあつこ

理工大学で4年生をカットし、飛び級で理工大学院に入学。物事をロジカルに考えるのが得意。かつて敏感肌だったことから、化粧品成分に興味をもつ。また、実験が好きで、化粧品の効果を独自に実験し、検証。

mailmagazine >> 美容ズカイストあつこの記事を読む
りばてぃ

ニューヨークの大学卒業後、現地で就職、独立。マーケティング会社ファウンダー。ニューヨーク在住。

mailmagazine >> りばてぃの記事を読む
山本早織

16歳の時に芸能界デビュー。ヤングジャンプやマガジンなどの雑誌や、ドラマや舞台などの活動後、25歳で引退。26歳の時に結婚をし、28歳で離婚。
その後フラワーデザイナーとして独立し、婚活女性への女性らしさをフラワースクールの中でレッスンしていく。その後ご縁あって恋愛コンサルタントとして独立。

mailmagazine >> 山本早織の記事を読む
大和まや・ゆうきゆう

精神科医・心理研究家。あらゆるジャンルの心理学を極めた、セクシーな精神科医たち。あやつる心理学のスキルは1000を超える。「ゾクゾクしなければ人生じゃない!」がモットー。趣味は瞑想と妄想。特技はスノーボード。

mailmagazine >> 大和まや・ゆうきゆうの記事を読む
寝子

アニメ・漫画・2.5次元・アイドルが趣味のライター寝子。ライター転身前はアパレル販売員やパタンナーアシスタントを経験。持ち前の探求心で旅行情報や国内外の幅広い話題を追求していきます。

>> 寝子の記事を読む
遠藤チサト

北国生まれのAB型。インスタ映えに命をかけるミーハー女子。デートで「何食べたい?」と言われたら必ず「お肉」と回答。トレンドに忠実に楽しいことばかり選択するゆとりライター。

>> 遠藤チサトの記事を読む
手塚千砂子

「ほめ日記」創始者。セルフエスティーム・コーチ。社団法人自己尊重プラクティス協会代表理事。「ほめ日記」は、潜在能力を引き出し、“なりたい自分になる”トレーニングプログラムの一部。多くの人から「救われました」「自分を好きになりました」と、好評を博している。

mailmagazine >> 手塚千砂子の記事を読む
VIEW MORE

? Question

気になる質問の知りたいボタンを押したら、
専門家は答えてくれるかも(???)
#育児  関東の田舎在住。7歳の息子が可愛らしい服を好み、「男らしく育てろ」と周りに言われます。個性を伸ばして欲しいと思う反面、今後いじめられるのではと悩んでいます。
1つ星38 件
知りたい!
Q
#パートナー #結婚 30歳目前の女性です。結婚は考えていないとお互い認識していた彼と「結婚するなら生活態度を改めろ」と喧嘩。仲直りするべき?
1つ星56 件
知りたい!
Q
#夫婦のこと #育児 子どもの頃からずっと「子どもが嫌い」で、旦那からは妊娠すれば変わると言われています。克服できるものなのでしょうか。
1つ星38 件
知りたい!
Q
#HOW TO #親と子 母親が見せる「女」の顔が許せない。成人しても親離れができていないのでしょうか?
1つ星52 件
知りたい!
Q
VIEW MORE