by them(バイゼム)あなたの声に共感する
やっときゃよかったサキドリ学習。先輩ママが語る子育ての後悔
1つ星1 件
いいね!

お子さんの目まぐるしい成長のなかで、目の前の育児に精一杯で教育や将来のことに手が回っていないことに不安を抱くパパ・ママもいるのではないでしょうか。

そんな不安を抱えている方にとって気になるのが、子育ての先を行く先輩パパ・ママの育児・教育に関する実体験だと思います。

子ども年齢=親年齢。

育児ははじめてのことだらけで常に手探り。不安や心配はつきものですが、先輩パパ・ママが、どのような悩みに直面し、それに対してどう取り組み、どう解決したのかがわかると少し安心できたりするものです。

そこで今回は、株式会社アルファコーポレーションが中学生~成人未満のお子さんを持つ母親を対象に実施した「過去の子育てについての振り返りと意識調査」をご紹介します。

いままさに子育て中の保護者の方は、先輩ママの実体験を今後の育児や教育の参考にしてみてくださいね。

約8割のママが通った「子どもの心配事」は?

中学生~成人未満のお子さんがいらっしゃる母親を対象に「お子さんの教育のなかで、心配・不安を感じたことはありますか?」という質問をしたところ、「ときどき感じることがあった(42.0%)」「とても感じた(37.8%)」「なんとなく感じた(11.8%)」「感じたことはなかった(8.4%)」の順になりました。

8割近くの方が、お子さんの教育の中で心配・不安を感じたことがあるようですね。

そこで、「お子さんに対して何が心配・不安になりましたか?」と聞いてみたところ、「学習能力(読み書きや計算)(57.0%)」「コミュニケーション(会話)(49.3%)」「日常生活(起きる・片づける)(49.1%)」「理解力(自分で考える)(43.8%)」など、さまざまな意見があげられました。

学習能力はもちろんですが、コミュニケーション能力や日常生活など、生きるために必要な力の部分に不安を抱いている方が多いようです。

「勉強学習」と「能力」、何が心配?

先ほどの質問でもっとも多くの方があげた「学習能力」ですが、「勉強学習に対して心配・不安に思ったことは何ですか?」という質問をしたところ、「テストなどの点数(30.1%)」「文章の読み書きが苦手(25.7%)」「図やグラフの把握が苦手(14.3%)」の順になりました。

母親の不安が表面化するタイミングは、やはりテストの点数など数字で可視化されたときのようです。

次に、「勉強学習で心配・不安に感じたのはお子さんがどの段階のときですか?」と聞いてみたところ、半数以上の方が「中学生未満(53.0%)」と回答し、その中でも小学校1年生の割合が一番多く、対策を始めた時期について聞いてみたところ、心配・不安を感じてから対策を始める方が多いことがわかりました。

続いて、「能力に対して心配・不安に思ったことは何ですか?」という質問をしたところ、「言われないと動かない(28.2%)」「片づけることが苦手(25.0%)」「言うことを聞かない(15.5%)」といった順になりました。

自主性や自己管理能力に関しては、母親からのアプローチやサポートを必要とすることが多いため、不安に感じてしまうのかもしれませんね。

「能力で心配・不安に感じたことの対策は、いつから始めましたか?」と聞いたところ、7割近くの方が「中学生未満(68.8%)」と回答し、やはり割合では小学校1年生が一番多く、こちらも心配・不安を感じてから対策を始めた方が多いことがわかりました。

これらの結果から、子どもに対する心配・不安は、実際にその課題に直面してから対策をする方が多いことが判明しました。

目の前の育児で手一杯な母親たちは、心配・不安が表面化してからハッとするのは仕方ないことなのかもしれません。

しかし、それは本当に適正なタイミングだったのでしょうか?

次に、「それぞれ(勉強学習・能力)に対してどのような対策を行いましたか?」という質問をしたところ、以下のような結果になりました。

対策を行った方のほとんど(能力に至っては7割以上)がお子さんの自主性に任せていることが判明しましたが、必ずしも自分の力で解決方法を見つけられるお子さんばかりとは限りません。

育児で手一杯になってしまう母親たちは、初めての子育てや教育において、事前にはもちろん課題が表面化してからも、対策方法を教えてくれる場所を知らなかったことが考えられます。そのため、お子さんに任せるという選択肢しかなかったのかもしれません。

しかし別の調査(※1)では、お子さんに「非認知スキル」を身につけるためには、母親と一緒に向き合い、サポートしてくれる存在が必要という結果が出ています。

母親がわからないことをお子さんに任せても、解決につながるかどうかは「危ない賭け」といえます。テストなどで結果が出ず、お子さんが勉強ギライになってもおかしくないですよね。

1つ星1 件
いいね!
by
angerire

ファッション誌、ライフスタイル誌出身のライター。現在はパワフルな年子の男の子ママで、仮面ライダーと子育て情報を追いかけながら、子どもと精一杯向き合う日々を送っています。

前の記事:NEWトレンド。脳がゾワる音「ASMR」でとろけてみない?

read more

#HOW TO#ライフ#育児 子育てに疲れた私が、ゆとりを持って「自分時間」を作る3つのコツ by angerire
#HOW TO#育児 気持ちじゃなくて、経緯を聞く。ぐんぐん成長する「正しい子どもの叱り方」 by 瀬川裕之
#夫婦のこと#家事#育児 ふたりがやりたいことを叶えるために。夫婦が「ONE TEAM」になる方法 by angerire
#ライフ#育児 「ママ友旅行」にご用心。知っておきたいメリット・デメリット by 村田由美子
#HOW TO#出産#育児 ママだからわかる、もらって嬉しい&オシャレで役立つ「出産祝い」 by angerire
#ライフ#育児 少しだけ、解放される時間を。何者でもない「私」に戻りたい母親たち by angerire

! trending topics

#HOW TO#モテ 「(笑)」は逆効果。好き避け男子を遠ざける3つのNGワード by Friday(フライデー)
#HOW TO#ライフ#育児 子育てに疲れた私が、ゆとりを持って「自分時間」を作る3つのコツ by angerire
#HOW TO#教育#親と子 救いと、注目を。子どもの「スマホ依存」に隠された悲しき抵抗の理由 by angerire
official mail magazine
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録 の最新記事が不定期に届きます
あの人の悩みも、やさしく解決。聞き上手がやっている「相談の乗り方」 人から相談されたとき。悩みがあると、その胸のうちを聞いたとき。 「その人をはげましたい」「元気になってもらい...
by

by 前田泰章

マスクでも美人度UP!崩れにくい&明るく見えるヘアメイクのポイント 花粉症からコロナウィルス対策に、職業柄着用が義務付けられている方、さらには慌ただしい朝の手抜きメイクまでカバ...

by 寺長根愛

「ひとりっ子はかわいそう」なのか?現代子育ての葛藤とリアル 多様性の時代に… 結婚するのか、しないのか。 子どもを持つのか、持たないのか。 子どもを何人持つのか、持ちた...

by angerire

私は好きな人の「お客さん」だった…男運マイナス女の悲惨なホワイトデー 片思いの人も、パートナーがいる人も、パートナーのことを想ってバレンタインプレゼントを渡したことでしょう。そん...

by by them 編集部

# How To

#HOW TO #モテ 
異性や同性かかわらず、ひとりの人間として愛されたい。その気持ちを活かすモテの術はどこにある? >> #HOW TO #モテ  の記事一覧を読む
#HOW TO #美容 
自分を愛する、ひとつの方法。めまぐるしく移り変わる美容のイマ。 >> #HOW TO #美容  の記事一覧を読む
#HOW TO #パートナー 
友人、恋人、職場の仲間。他人だからこそ、わかりあいたい。近くて遠いパートナーを、もっともっと愛したい。 >> #HOW TO #パートナー  の記事一覧を読む
#HOW TO #親と子 
理解者で、味方?年齢なんて関係ない。親と子は、近いからこそむずかしい。多種多様な家族の姿から、自分自身を見つけ出す。 >> #HOW TO #親と子  の記事一覧を読む
#HOW TO #結婚 
ひとりがふたりになれば、悩みも解決策もふえるもの。愛しいひととの時間をより心地よく過ごすための知恵と工夫をチェック。 >> #HOW TO #結婚  の記事一覧を読む
#HOW TO #コン活 
出会って、縁を結ぶ。コン活の流行りから、結婚までの道のり。 >> #HOW TO #コン活  の記事一覧を読む
#HOW TO #コスメ 
基本の「キ」から流行まで押さえたい。コスメはいつだって、私たちの味方なんだから。 >> #HOW TO #コスメ  の記事一覧を読む
#HOW TO #ライフ 
晴れの日もあれば、雨の日もある。自分を守り、愛するために必要なきっかけがここにある。 >> #HOW TO #ライフ  の記事一覧を読む
VIEW MORE

- Writer

美容ズカイストあつこ

理工大学で4年生をカットし、飛び級で理工大学院に入学。物事をロジカルに考えるのが得意。かつて敏感肌だったことから、化粧品成分に興味をもつ。また、実験が好きで、化粧品の効果を独自に実験し、検証。

mailmagazine >> 美容ズカイストあつこの記事を読む
りばてぃ

ニューヨークの大学卒業後、現地で就職、独立。マーケティング会社ファウンダー。ニューヨーク在住。

mailmagazine >> りばてぃの記事を読む
山本早織

16歳の時に芸能界デビュー。ヤングジャンプやマガジンなどの雑誌や、ドラマや舞台などの活動後、25歳で引退。26歳の時に結婚をし、28歳で離婚。
その後フラワーデザイナーとして独立し、婚活女性への女性らしさをフラワースクールの中でレッスンしていく。その後ご縁あって恋愛コンサルタントとして独立。

mailmagazine >> 山本早織の記事を読む
寺長根愛

メイクスタジオ経営から芸能人・タレントのヘアメイクなど、幅広く活躍中のメイクアップアーティスト。

とにかくメイクが上手くなりたい女性のために、メイクに関する情報を惜しみなく配信する無料メルマガが好評。

mailmagazine >> 寺長根愛の記事を読む
大和まや・ゆうきゆう

精神科医・心理研究家。あらゆるジャンルの心理学を極めた、セクシーな精神科医たち。あやつる心理学のスキルは1000を超える。「ゾクゾクしなければ人生じゃない!」がモットー。趣味は瞑想と妄想。特技はスノーボード。

mailmagazine >> 大和まや・ゆうきゆうの記事を読む
岡田あすか

大学卒業後、大手アパレルメーカーに総合職として入社。 ヤングブランドの運営管理を担当。退職後モデルとして、旅行番組の海外ロケ、自動車メーカーのCMなどに出演。アパレルからモデル、15年洋服に携わって来た中で、自分はもっと服を着る楽しさを人に伝えたい。その想いから、現在のスタイリストという職業を選択。様々なライフスタイルの人の魅力を引き出すことに定評がある。近年、テレビやラジオなどメディアにて、ファッションアドバイザーとしても多数出演中。

mailmagazine >> 岡田あすかの記事を読む
久野浩司

19881993年アメリカ留学(ニューヨーク、フロリダ、LA)/1995年旅行会社 H.IS. に新卒入社/19962014年トイズファクトリーA&Rチーフプロデューサー(SPEED / BRAHMAN / ゆず、など数多くのアーティスト、バンドを担当)/20144月~カナダ・バンクーバーへ子育てのため移住(現在は14歳男、11歳女のパパ)ananGINGERBAILAMISSELLEなど多数、女性誌にコメンテーターとしても登場

オールアバウト恋愛ガイド

KOJI KUNO 婚活ライフデザイン コーチング

mailmagazine >> 久野浩司の記事を読む
海野千尋

1981年静岡出身。東日本大震災をきっかけに自分の生き方を再定義し始める。現在は3つのNPO団体や任意団体に関わりながら、“マイプロジェクト”である家族の未来をサーチする「ネオ・ファミリースタイル学」のキュレーターとして活動。「#新しい働き方・これからの生き方」を自分自身が体現していくことを実践中。

>> 海野千尋の記事を読む
VIEW MORE

? Question

気になる質問の知りたいボタンを押したら、
専門家は答えてくれるかも(???)
#オトナ磨き #ファッション 30歳をすぎ、体重は変わっていないのに顔や腕まわりなどが太って大きくなってきたように感じます。どうすれば10代20代と変わらずシュッとした見た目をキープできるのでしょうか?
1つ星12 件
知りたい!
Q
#育児  関東の田舎在住。7歳の息子が可愛らしい服を好み、「男らしく育てろ」と周りに言われます。個性を伸ばして欲しいと思う反面、今後いじめられるのではと悩んでいます。
1つ星56 件
知りたい!
Q
#パートナー #結婚 30歳目前の女性です。結婚は考えていないとお互い認識していた彼と「結婚するなら生活態度を改めろ」と喧嘩。仲直りするべき?
1つ星67 件
知りたい!
Q
#夫婦のこと #育児 子どもの頃からずっと「子どもが嫌い」で、旦那からは妊娠すれば変わると言われています。克服できるものなのでしょうか。
1つ星43 件
知りたい!
Q
#HOW TO #親と子 母親が見せる「女」の顔が許せない。成人しても親離れができていないのでしょうか?
1つ星76 件
知りたい!
Q
VIEW MORE