by them(バイゼム)あなたの声に共感する
NEWトレンド。脳がゾワる音「ASMR」でとろけてみない?
1つ星4 件
いいね!

「食は五味五感で楽しむ」とも言われています。五味(甘味、酸味、苦味、辛味、塩味)と五感(味覚・視覚・嗅覚・触覚・聴覚)は、おいしさを決定づける重要な要素です。

このうち「音(聴覚)」については、食事の際のBGMなどが重視されていましたが、「食べるときの音」についてはあまり注目されていませんでした。

一方、最近のトレンドニュースでは音を扱う「ASMR」がヒット予測の上位にランクインしており、直近の検索数(Google Trends)も2017年比で約6倍に上昇。Youtubeでも多数の動画が投稿・視聴されており、インスタ映えするフォトジェニックならぬ「音ジェニック」というキーワードも登場しています。

これらのトレンドから、積極的に音を楽しむ様子がうかがえます。そこで今回は、食にまつわる「音」についての調査結果をご紹介しましょう。

7割が「音が好きな食べ物がある」

400名超の女性へのアンケートでは、全世代を通じて約7割の方が「音が好きな食べ物がある」と回答。この傾向は若い世代ほど顕著に出ており、20代以下の女性に限定すると、8割以上の方が「ある」と回答しました。

また、「食べているときの音が好きで食品を選ぶことがある」と答えたのは、全体で約2割。こちらも若い世代ほど高い傾向となり、20代以下の女性では約3割の方が「ある」と回答。逆に60代以上では「ある」と回答されたのはわずか5%という結果になりました。

これらの結果から、若い世代ほど食品の選択時に「音」が影響していることがわかりました。

好きな音に求めるのは「軽快さ」、次のブームは「パリパリ」!?

具体的に好ましい音については、6割以上の方が「サクサク」音が好きと回答。次いで「パリパリ」「シャキシャキ」「カリカリ」と並び、さわやかで軽快、小気味よい音が好まれている様子がうかがわれます。

特に、第2位となった「パリパリ」音は、割る体験を伴うため、口の中だけでなく、食事全体で幅広い接点があります。これまでトレンドだった「サクサク」に代わり、次の音ブームの牽引役として期待されます。

若い世代ほど、食事の音に敏感で積極的

食べるときの「音」については、若い世代ほど敏感なことがわかりました。「食べているときの音が好きな食べ物がある」「食べているときの音が好きで食品を選ぶことがある」「食べるときに音が出るという理由で食品の購入をやめることがある」のいずれの質問も、若い世代ほど高い結果が得られています。

一方で、自分や他人が発する「食事の音」はどの世代でも強く意識されており、8割前後の方が気を使っていることが明らかになりました。

この結果から、食事の「マナー」としての音は全世代が意識しつつ、若い世代ほど積極的に「食と音」の関係を楽しんでいる様子がうかがえます。

1つ星4 件
いいね!
by
angerire

ファッション誌、ライフスタイル誌出身のライター。現在はパワフルな年子の男の子ママで、仮面ライダーと子育て情報を追いかけながら、子どもと精一杯向き合う日々を送っています。

前の記事:ブーツ、脱げません。冬でも気になる「足のニオイ」対策

read more

#カルチャー#コラム なぜJKはスマホ時代に「400円」のプリクラを撮るのか by angerire
#カルチャー 「可愛い戦争」から離脱せよ。整形アイドル・轟ちゃんのメッセージ by 村田由美子
#カルチャー#育児 脳科学者も太鼓判。フランスから届いた「子どもが一生トクする」絵本 by angerire
#LGBTQ#カルチャー#パートナー 爆笑、だけど、涙。ゲイカップルの日常を描いた実話漫画がジワる by angerire
#カルチャー#ライフ 【漫画】何が原因?自分が悪いの?娘のSOSを受け入れる父の実話 by angerire
#WORK#カルチャー#スピ 仕事がうまくいきますように。山の手線ぶらり「開運神社」めぐり by TRiP EDiTOR 編集部

! trending topics

#HOW TO#モテ 「(笑)」は逆効果。好き避け男子を遠ざける3つのNGワード by Friday(フライデー)
#HOW TO#ライフ#育児 子育てに疲れた私が、ゆとりを持って「自分時間」を作る3つのコツ by angerire
#HOW TO#教育#親と子 救いと、注目を。子どもの「スマホ依存」に隠された悲しき抵抗の理由 by angerire
official mail magazine
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録 の最新記事が不定期に届きます
あの人の悩みも、やさしく解決。聞き上手がやっている「相談の乗り方」 人から相談されたとき。悩みがあると、その胸のうちを聞いたとき。 「その人をはげましたい」「元気になってもらい...
by

by 前田泰章

マスクでも美人度UP!崩れにくい&明るく見えるヘアメイクのポイント 花粉症からコロナウィルス対策に、職業柄着用が義務付けられている方、さらには慌ただしい朝の手抜きメイクまでカバ...

by 寺長根愛

「ひとりっ子はかわいそう」なのか?現代子育ての葛藤とリアル 多様性の時代に… 結婚するのか、しないのか。 子どもを持つのか、持たないのか。 子どもを何人持つのか、持ちた...

by angerire

私は好きな人の「お客さん」だった…男運マイナス女の悲惨なホワイトデー 片思いの人も、パートナーがいる人も、パートナーのことを想ってバレンタインプレゼントを渡したことでしょう。そん...

by by them 編集部

# How To

#HOW TO #モテ 
異性や同性かかわらず、ひとりの人間として愛されたい。その気持ちを活かすモテの術はどこにある? >> #HOW TO #モテ  の記事一覧を読む
#HOW TO #美容 
自分を愛する、ひとつの方法。めまぐるしく移り変わる美容のイマ。 >> #HOW TO #美容  の記事一覧を読む
#HOW TO #パートナー 
友人、恋人、職場の仲間。他人だからこそ、わかりあいたい。近くて遠いパートナーを、もっともっと愛したい。 >> #HOW TO #パートナー  の記事一覧を読む
#HOW TO #親と子 
理解者で、味方?年齢なんて関係ない。親と子は、近いからこそむずかしい。多種多様な家族の姿から、自分自身を見つけ出す。 >> #HOW TO #親と子  の記事一覧を読む
#HOW TO #結婚 
ひとりがふたりになれば、悩みも解決策もふえるもの。愛しいひととの時間をより心地よく過ごすための知恵と工夫をチェック。 >> #HOW TO #結婚  の記事一覧を読む
#HOW TO #コン活 
出会って、縁を結ぶ。コン活の流行りから、結婚までの道のり。 >> #HOW TO #コン活  の記事一覧を読む
#HOW TO #コスメ 
基本の「キ」から流行まで押さえたい。コスメはいつだって、私たちの味方なんだから。 >> #HOW TO #コスメ  の記事一覧を読む
#HOW TO #ライフ 
晴れの日もあれば、雨の日もある。自分を守り、愛するために必要なきっかけがここにある。 >> #HOW TO #ライフ  の記事一覧を読む
VIEW MORE

- Writer

美容ズカイストあつこ

理工大学で4年生をカットし、飛び級で理工大学院に入学。物事をロジカルに考えるのが得意。かつて敏感肌だったことから、化粧品成分に興味をもつ。また、実験が好きで、化粧品の効果を独自に実験し、検証。

mailmagazine >> 美容ズカイストあつこの記事を読む
りばてぃ

ニューヨークの大学卒業後、現地で就職、独立。マーケティング会社ファウンダー。ニューヨーク在住。

mailmagazine >> りばてぃの記事を読む
山本早織

16歳の時に芸能界デビュー。ヤングジャンプやマガジンなどの雑誌や、ドラマや舞台などの活動後、25歳で引退。26歳の時に結婚をし、28歳で離婚。
その後フラワーデザイナーとして独立し、婚活女性への女性らしさをフラワースクールの中でレッスンしていく。その後ご縁あって恋愛コンサルタントとして独立。

mailmagazine >> 山本早織の記事を読む
寺長根愛

メイクスタジオ経営から芸能人・タレントのヘアメイクなど、幅広く活躍中のメイクアップアーティスト。

とにかくメイクが上手くなりたい女性のために、メイクに関する情報を惜しみなく配信する無料メルマガが好評。

mailmagazine >> 寺長根愛の記事を読む
大和まや・ゆうきゆう

精神科医・心理研究家。あらゆるジャンルの心理学を極めた、セクシーな精神科医たち。あやつる心理学のスキルは1000を超える。「ゾクゾクしなければ人生じゃない!」がモットー。趣味は瞑想と妄想。特技はスノーボード。

mailmagazine >> 大和まや・ゆうきゆうの記事を読む
岡田あすか

大学卒業後、大手アパレルメーカーに総合職として入社。 ヤングブランドの運営管理を担当。退職後モデルとして、旅行番組の海外ロケ、自動車メーカーのCMなどに出演。アパレルからモデル、15年洋服に携わって来た中で、自分はもっと服を着る楽しさを人に伝えたい。その想いから、現在のスタイリストという職業を選択。様々なライフスタイルの人の魅力を引き出すことに定評がある。近年、テレビやラジオなどメディアにて、ファッションアドバイザーとしても多数出演中。

mailmagazine >> 岡田あすかの記事を読む
久野浩司

19881993年アメリカ留学(ニューヨーク、フロリダ、LA)/1995年旅行会社 H.IS. に新卒入社/19962014年トイズファクトリーA&Rチーフプロデューサー(SPEED / BRAHMAN / ゆず、など数多くのアーティスト、バンドを担当)/20144月~カナダ・バンクーバーへ子育てのため移住(現在は14歳男、11歳女のパパ)ananGINGERBAILAMISSELLEなど多数、女性誌にコメンテーターとしても登場

オールアバウト恋愛ガイド

KOJI KUNO 婚活ライフデザイン コーチング

mailmagazine >> 久野浩司の記事を読む
海野千尋

1981年静岡出身。東日本大震災をきっかけに自分の生き方を再定義し始める。現在は3つのNPO団体や任意団体に関わりながら、“マイプロジェクト”である家族の未来をサーチする「ネオ・ファミリースタイル学」のキュレーターとして活動。「#新しい働き方・これからの生き方」を自分自身が体現していくことを実践中。

>> 海野千尋の記事を読む
VIEW MORE

? Question

気になる質問の知りたいボタンを押したら、
専門家は答えてくれるかも(???)
#オトナ磨き #ファッション 30歳をすぎ、体重は変わっていないのに顔や腕まわりなどが太って大きくなってきたように感じます。どうすれば10代20代と変わらずシュッとした見た目をキープできるのでしょうか?
1つ星12 件
知りたい!
Q
#育児  関東の田舎在住。7歳の息子が可愛らしい服を好み、「男らしく育てろ」と周りに言われます。個性を伸ばして欲しいと思う反面、今後いじめられるのではと悩んでいます。
1つ星56 件
知りたい!
Q
#パートナー #結婚 30歳目前の女性です。結婚は考えていないとお互い認識していた彼と「結婚するなら生活態度を改めろ」と喧嘩。仲直りするべき?
1つ星67 件
知りたい!
Q
#夫婦のこと #育児 子どもの頃からずっと「子どもが嫌い」で、旦那からは妊娠すれば変わると言われています。克服できるものなのでしょうか。
1つ星43 件
知りたい!
Q
#HOW TO #親と子 母親が見せる「女」の顔が許せない。成人しても親離れができていないのでしょうか?
1つ星76 件
知りたい!
Q
VIEW MORE