by them(バイゼム)あなたの声に共感する
男性の生涯年収に差が出る原因はスキンケア?【MB×あつこ対談】
1つ星3 件
いいね!

人気ファッションアドバイザーにして、メルマガ『【最も早くおしゃれになる方法】現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断』も大好評のMBさんと、同じく「自身の専門ジャンルでロジカルに解説する」という共通点がある「科学的に正しいお肌のケア方法」を紹介するメルマガ『美容ズカイストあつこの「魅力を引き出すロジカルマジック!」~徹底図解ユニセックス版~』の著者・美容ズカイストあつこさん。

そんなお二人に、どのような思いでメルマガを発行されているのか、そして感覚的な部分で語られることが多い事柄をなぜロジカルに語るのかについて、対談という形で赤裸々に語っていただきました。老若男女問わず必見の内容です!

スキンケアをしていない男性は生涯年収に差が出る?

MB:あつこさんはメルマガで美容について具体的にどんなことを書かれているですか?

あつこ:最初は、ファンデーションとベースの崩れにくい組み合わせを検証しました。その時は夏だったので、皮脂と汗に強いものは、崩れても綺麗に崩れるのは、ということをやっています。先ほども言いましたが、スキンケアの製品を選ぶうえで、軸になるようにロジカルに検証と解説をしています。

──先ほど、読者は女性と男性が約半分とおっしゃっていましたが、女性向け、男性向けと分けて書かれているのでしょうか?

あつこ:そうですね。メルマガでは女性向けの回と男性向けの回で交互にやっています。男性向けだと無印良品のスキンケア商品について検証しました。

MB:無印良品のスキンケア商品って非常にコストパフォーマンスが高いですよね。

あつこ:そうなんです。男性はドラッグストアでスキンケア商品がずらっと並んでいるものから、選ぶのはやはりハードルが高いと思うんです。それが無印良品では雑貨などを購入するついでに購入しやすいですし、スキンケア商品自体が少ないので選びやすいのもあるんです。

MBさん

MBさん

MB:男性ってスキンケア商品といってもどれを買っていいか分からない人も多いと思うんです。男性のスキンケア初心者なら、これを買えっていうのはあるんですか?

あつこ:クリアケアオールインワンジェルというのがあって、これは化粧水、乳液、美容液がすべて入っていてまず楽なんです。そして男性が求めるサラっとした使用感もあり、かつ1000円前後(通常のものであれば税込1,290円、携帯用は税込490円)というのを満たしているんです。またこのクリアケアオールインワンジェルがいいのが、テカリを抑えつつ、保湿してくれるんです。匂いも抑え目ですし。

MB:凄く参考になりますね。男性もスキンケアをやるべきだと思うんです。僕は大学時代からスキンケアにハマったんですけど、やっている時とやっていない時の肌の状態の違いに我慢できなくなってしまったんです。それにスキンケアにお金をかけるというのは、ヨーロッパでは当たり前らしいんですね。やっぱりファッションでも顔まわりって一番見られる場所ですし、そこの印象を整えるって大事だと思うんですよね。僕のメルマガの読者からもスキンケアの話をしてくれって、要望が来るんですけど、ファッションメルマガなので、スキンケアについてあまり書いてもブレてしまうので(笑)。

あつこさん

あつこさん

あつこ:あとスキンケアをしていると生涯年収も差が出るという結果が出ているんですよね。メルマガにも書いているのですが、これは米国テキサス大学の労働学の権威、ダニエル・ハマーメッシュ教授が行ったビジネスマン7500人を対象とした調査でわかった実験結果なんです。

MB:そういう話はいいですね!僕のメルマガで書けないことをあつこさんのメルマガで学べるというのはいいですね。

あつこ:実は化粧水だけ着けても、化粧水が蒸発する時に肌の水分も持って行ってしまうので、逆に着けないほうが良かったりするんです。そういうこともメルマガで書いています。

──では最後にお二人はメルマガを書くにあたって、読者を飽きさせないためにどのようなことを考えられているのでしょうか? また今後どのようにしていきたいというのはありますか?

MB:ファッションの価値観ってどんどん変化していくんです。そういった変化していく価値観に合わせてメルマガを書いています。例えば、去年は白シャツにスラックスがカッコイイとなっていたけれど、今年になったら白シャツにスラックスというスタイルが広まってしまい埋もれてしまうので、オシャレではなくなってしまう。なので常に語ることがあるんです。それに実際にいろいろなショップに足を運んでファッションを知ろうとするよりも、僕のメルマガを読む方が圧倒的に短い時間でトレンドを知ることができる。今はどういう風に時間を使うのか、ということが重要になっていますので、時間を有効に使うということも考えてメルマガを書いています。

DSC00044

あつこ:私はまだメルマガを始めたばかりというのもあって、飽きさせないためということよりも、先ほども言いましたが、凄く感覚的にしか語られないスキンケアがなぜ必要なのかをメルマガでもっと分かりやすく伝えていければと思っています。女性のメイクにはスキンケアがあってこそだと思っていますし、スキンケアの重要性を男性にもしっかりと伝えていきたい。「実際どうなの?」というようなことを、私がロジカルに解説することで、面倒だと思っていたけど、じゃあやってみようかな、と思えるようになってもらえれば嬉しいです。

MB:これからやっていくことは変わらないと思うのですが、より規模が大きくしていければと思っています。僕が最終的にやりたいことは、日本の男性にファッションの文化を作りたいということ。今もオンラインサロンをやっているのですが、僕の想像のつかないことが始まったりする。もっと人と繋がっていって、コミュニティを増やしていくことで、いわゆるエヴァンジェリストが増える。そういうことから文化として醸成されていくと思うんです。

──なるほど。ファッション、美容について悩まれている人が、お二人のメルマガを読むことで、悩みを解決したり、軸を手にしていくことでどちらも文化として定着していけば面白いですね。今後の活躍も楽しみにしております。本日はありがとうございました。


同じロジカルな解説をするメルマガを発行しながらも、アプローチが真逆なお二人。しかし、読者に「選択する際の“軸”を作る」ことに注力しているという共通項があります。「自らをどのようにプロデュースするのか」ということが大事になっている昨今、お二人のメルマガにはその「ヒント」がちりばめられているといっても過言ではありません。

これを機会に、男性も「ファッション」や「美容」へ目を向け、その参考資料として最適なお二人のメルマガをご購読してみてはいかがでしょうか? 10月中に、お二人のいずれかのメルマガをご登録いただくと、今回の対談の全文をお読みいただくことができます。ご登録は、以下のリンクから!

【最も早くオシャレになる方法】現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断
KnowerMag MB
現役メンズファッションバイヤーであり、月間100万PV以上を誇る人気サイトKnowerMag運営者。読んで実践すれば必ずオシャレになれるメルマガは読者急増中!
美容ズカイストあつこの「魅力を引き出すロジカルマジック!」~徹底図解ユニセックス版~
美容ズカイスト あつこ
このメルマガでは、美容、身だしなみについてロジカルに解説していきます。カタカナだらけの化粧品成分をわかりやすく図解して、それぞれに合う化粧品をご紹介します。また、実際に化粧品を使って、理科の実験をおこない、化粧品の効能を検証していきます。美容をロジカルに分析・解説しているのは、このメルマガだけです!

  • image by:編集部
  • ※初出:2018/10/19・MAG2NEWS
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
1つ星3 件
いいね!
by
この記事が気に入ったら、登録しよう
最も早くオシャレになる方法
著者:MB   購読料:¥ 540 (税込)/月   初月無料!    発行周期:毎週 日曜日(年末年始を除く)
by
この記事が気に入ったら、登録しよう
美容ズカイストあつこの「魅力を引き出すロジカルマジック!」~徹底図解ユニセックス版~
著者:美容ズカイストあつこ   購読料:¥ 324 (税込)/月   初月無料!    発行周期:毎週 金曜日予定
by
MB

「オシャレにはセンスもお金も必要ない」
現役メンズファッションバイヤーであり、月間100万PVを誇る人気サイトKnowerMag運営者。国内外のブランドのバイイングを行い、「オシャレ」を論理的に体系化し、「誰でも理解し、実践できる着こなし法」を提案。

前の記事:自然な美しさ。自分の魅力を最大限に引き出す「メンズメイク」のすすめ

read more

#ファッション 全世界が認めた、2019四半期「トレンドアイテム」をプレイバック by 赤池リカ

! trending topics

#パートナー#ライフ 積極的なのは50代男性。意外と知らない「カップル旅行」のリアル by 村田由美子
#マッチング 「ナンパの聖地とは知らなかった」心理学者が新スポットを探訪? by 富田隆
#コラム#失恋 韓国人を10年間愛した女子が、30歳目前でバカになれなかった話 by TRiP EDiTOR編集部
official mail magazine
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録 の最新記事が不定期に届きます
台湾人に恋した日本の20代女子が、夜の台北でバカになれなかった話 美味しいソウルフードにノスタルジックな街並み、そして親日として知られる台湾。人気の旅行先ランキングでは常に上...
by

by TRiP EDiTOR編集部

「ギャル」とは一体なんなのか?いま改めて考える文化とイメージ 金髪などの明るい髪色や、つけまつ毛をはじめとした濃いメイク、露出が多い派手目なファッションなど、見ているだけ...

by 赤池リカ

「ナンパの聖地とは知らなかった」心理学者が新スポットを探訪? 7月8日は「ナンパの日」。それにちなんで、心理学者でメルマガ『富田隆のお気楽心理学』の著者、富田隆さんが、最...

by 富田隆

幼い頃に母親からの愛情を受けなかった人が、自分を愛すべき理由 子供の頃に親からの愛情を受けなかったという相談がよくくるという、メルマガ著者『手塚千砂子『自分を味方にする法...

by 手塚千砂子

# How To

#HOW TO #モテ 
異性や同性かかわらず、ひとりの人間として愛されたい。その気持ちを活かすモテの術はどこにある? >> #HOW TO #モテ  の記事一覧を読む
#HOW TO #美容 
自分を愛する、ひとつの方法。めまぐるしく移り変わる美容のイマ。 >> #HOW TO #美容  の記事一覧を読む
#HOW TO #パートナー 
友人、恋人、職場の仲間。他人だからこそ、わかりあいたい。近くて遠いパートナーを、もっともっと愛したい。 >> #HOW TO #パートナー  の記事一覧を読む
#HOW TO #親と子 
理解者で、味方?年齢なんて関係ない。親と子は、近いからこそむずかしい。多種多様な家族の姿から、自分自身を見つけ出す。 >> #HOW TO #親と子  の記事一覧を読む
#HOW TO #結婚 
ひとりがふたりになれば、悩みも解決策もふえるもの。愛しいひととの時間をより心地よく過ごすための知恵と工夫をチェック。 >> #HOW TO #結婚  の記事一覧を読む
#HOW TO #コン活 
出会って、縁を結ぶ。コン活の流行りから、結婚までの道のり。 >> #HOW TO #コン活  の記事一覧を読む
#HOW TO #コスメ 
基本の「キ」から流行まで押さえたい。コスメはいつだって、私たちの味方なんだから。 >> #HOW TO #コスメ  の記事一覧を読む
#HOW TO #ライフ 
晴れの日もあれば、雨の日もある。自分を守り、愛するために必要なきっかけがここにある。 >> #HOW TO #ライフ  の記事一覧を読む
VIEW MORE

- Writer

美容ズカイストあつこ

理工大学で4年生をカットし、飛び級で理工大学院に入学。物事をロジカルに考えるのが得意。かつて敏感肌だったことから、化粧品成分に興味をもつ。また、実験が好きで、化粧品の効果を独自に実験し、検証。

mailmagazine >> 美容ズカイストあつこの記事を読む
りばてぃ

ニューヨークの大学卒業後、現地で就職、独立。マーケティング会社ファウンダー。ニューヨーク在住。

mailmagazine >> りばてぃの記事を読む
山本早織

16歳の時に芸能界デビュー。ヤングジャンプやマガジンなどの雑誌や、ドラマや舞台などの活動後、25歳で引退。26歳の時に結婚をし、28歳で離婚。
その後フラワーデザイナーとして独立し、婚活女性への女性らしさをフラワースクールの中でレッスンしていく。その後ご縁あって恋愛コンサルタントとして独立。

mailmagazine >> 山本早織の記事を読む
大和まや・ゆうきゆう

精神科医・心理研究家。あらゆるジャンルの心理学を極めた、セクシーな精神科医たち。あやつる心理学のスキルは1000を超える。「ゾクゾクしなければ人生じゃない!」がモットー。趣味は瞑想と妄想。特技はスノーボード。

mailmagazine >> 大和まや・ゆうきゆうの記事を読む
寝子

アニメ・漫画・2.5次元・アイドルが趣味のライター寝子。ライター転身前はアパレル販売員やパタンナーアシスタントを経験。持ち前の探求心で旅行情報や国内外の幅広い話題を追求していきます。

>> 寝子の記事を読む
遠藤チサト

北国生まれのAB型。インスタ映えに命をかけるミーハー女子。デートで「何食べたい?」と言われたら必ず「お肉」と回答。トレンドに忠実に楽しいことばかり選択するゆとりライター。

>> 遠藤チサトの記事を読む
手塚千砂子

「ほめ日記」創始者。セルフエスティーム・コーチ。社団法人自己尊重プラクティス協会代表理事。「ほめ日記」は、潜在能力を引き出し、“なりたい自分になる”トレーニングプログラムの一部。多くの人から「救われました」「自分を好きになりました」と、好評を博している。

mailmagazine >> 手塚千砂子の記事を読む
VIEW MORE

? Question

気になる質問の知りたいボタンを押したら、
専門家は答えてくれるかも(???)
#育児  関東の田舎在住。7歳の息子が可愛らしい服を好み、「男らしく育てろ」と周りに言われます。個性を伸ばして欲しいと思う反面、今後いじめられるのではと悩んでいます。
1つ星38 件
知りたい!
Q
#パートナー #結婚 30歳目前の女性です。結婚は考えていないとお互い認識していた彼と「結婚するなら生活態度を改めろ」と喧嘩。仲直りするべき?
1つ星56 件
知りたい!
Q
#夫婦のこと #育児 子どもの頃からずっと「子どもが嫌い」で、旦那からは妊娠すれば変わると言われています。克服できるものなのでしょうか。
1つ星38 件
知りたい!
Q
#HOW TO #親と子 母親が見せる「女」の顔が許せない。成人しても親離れができていないのでしょうか?
1つ星52 件
知りたい!
Q
VIEW MORE