by them(バイゼム)あなたの声に共感する
「非難や批判は必要ない」並木良和が語る、自分が目醒めるための方法
1つ星4 件
いいね!

「仕事のミスで必要以上に落ち込むようになった」「最近グチが増えた気する」「なんとなく会社に行きたくない」

誰だって、気分が落ち込むシーンはさまざまあります。こういったとき、「自分に原因があるはず」と考えてしまう方も多いかもしれません。

しかし、そのネガティブな感情が引き起こされる原因が、まったくもってあなたのせいじゃないとしたら…?

今回、by them編集部が2019年11月19日に開催されたイベント、スピリチュアル・カウンセラーの並木良和さん登壇の「目醒めへのパスポート」に参加してきました。

人生の見方が180度変わるような並木さんの言葉の数々を、編集部の体験レポートとしてご紹介します。

まずは並木良和さんのご登場

image by:編集部

イベント当日。広い会場には、並木さんのファンがその登場をいまかいまかと待ち構えています。イベント予定内容は以下の通り。

  • 統合のワークショップ(1時間)
  • トークショー(1時間)
  • 並木さんへの質疑応答(休憩後45分)

ワークショップの開始は午後6時30分予定でしたが、少し遅れてのスタートとなりました。

image by:編集部

並木良和さん(以下、並木):みなさん、こんばんは!並木良和です。

たとえば、僕たちが何かをやろうとしますよね?きょうだったら、午後6時30分に会場に入るということ。

みなさんは午後6時30分に会場に入ってワークを始める予定だった。でも、やろうと思ってたんだけど、やれなかった。

その周波数は、地球の周波数なんですね。

image by:編集部

並木:たとえば、僕が何かをやろうとしています。そして、やれなかったとします。

これも自分ができないという地球の周波数を使っていたからなんだと、それで僕は喜びます。

みなさんは”目を醒ます”ために、こうやってネガティブな周波数をひとつひとつ外していきます。

それで、ひとつひとつ目が醒めていきます。

だからこそ、自分がやりたいと思っていたのにやれなかったことを見つけたら、「最高」と思ってください。

そして、それを外していきます。

こうやって、ひとりひとりが自分の現実のひとつひとつを使って目を醒ましていくっていうことができるようになったときに、この地球は平和を取り戻します。

なぜなら、自分が何かできなかったことがあったときに、「これは誰かのせいだ」と考えて争いが起きるようなことがなくなるから。

なおかつ、”できない”という周波数を手放していくので、あなたのなかで”できない”という感覚がなくなっていくんですね。

こういうネガティブな周波数のひとつひとつが、すごいチャンスの扉。

ぜひ、みなさんにはきょうのワークショップを終えて、すべての現実を使って”目を醒ます”というスタンスに立っていただければと思います。

「統合」のワークショップがスタート

image by:編集部

並木:それでは本日のワークの概要に移りますね。”統合”に関してはずっと話をし続けてきて、これからもずっとし続けるのですが、最近話題になってきています。

きょうのワークで外していかなければならないものは、ふたつ。

ひとつめは「非難(批判)」です。実はこの「非難(批判)」は”統合”を進めていくと、一時的にすごく強くなってしまうもの。

これは自我やエゴの働きで、統合を進めていく上で、自分の持つ感覚がどんどん自分に一致していきますが、その一致した感覚を表現しようとしますね。

“ハイヤーセルフ”と呼ばれる、本質と一致した表現であれば何の問題もないのですが、あなたの表現に自我やエゴが挟まってくると、自分が正しいということを証明したくなる。相手が間違えていると主張したくなる。

ですが、そもそもこの正しいだったり、間違っているといったスタンスが眠っている状態であるということを自覚してください。

そしてもうひとつ取り外さなければいけないものが、「一所懸命」という概念。

このなかで”統合”を進める上で楽しくなってきたという方はいらっしゃいますか?その方は、統合のスタンスに立てている方ですね。

統合を進めていく上で、「一所懸命」やっていく方っていうのは多くいらっしゃいます。ですが、一所懸命命やるという裏側には何があると思いますか?

その裏には一所懸命やって結果を出そうというベースがある。「努力をする」「頑張る」という行動を飛び越えて、結果というものが存在してしまう。

これはいわゆる眠りの状態。なので、”統合”を進めていく上で一所懸命に向き合ってしまうと、いつまで経っても目醒めには至らないのです。

きょうは一所懸命になっている自分に対して踵を返す機会にしていただければと思います。

大人になり、社会のなかで生きていく上で、当たり前のように存在する「非難(批判)」と「一所懸命」という概念。でも、これは本来の自分を取り戻す”統合”という行動のなかでは、必要のないものだそう。

並木さんのお話を聞いていくうちに「そっか、当たり前のもなんかひとつもないんだ」と、肩の力が徐々に抜けてくるような感覚になっていきます。

1つ星4 件
いいね!
by
by them 編集部

誰かに話したいけど話せなかった心のなかのモヤモヤがかたちになって、読めば少し、気持ちが軽くなる。
「by them(バイゼム)」はそんなWebマガジンです。

前の記事:恋する女子、この指とまれ。占星術、風水、タロットが体験できる「占いフェス」

read more

#スピ#占い・診断 恋する女子、この指とまれ。占星術、風水、タロットが体験できる「占いフェス」 by by them 編集部
#WORK#カルチャー#スピ 仕事がうまくいきますように。山の手線ぶらり「開運神社」めぐり by TRiP EDiTOR 編集部
#カルチャー#スピ 国内最高峰のパワスポも。死ぬまでに行きたい「神社仏閣」 by TRiP EDiTOR 編集部
#コン活#スピ#モテ この恋を叶えたい。恋愛成就にご利益がある全国の「縁結びスポット」 by TRiP EDiTOR 編集部
#スピ 化けの皮が剥がれる時代?霊能力者が教える、2020年を生きるコツ by 林尚慶
#スピ#占い・診断 来年こそは、脱・金なし子。風水師が教える“金運アップ”のポイント by 黒門

! trending topics

#LGBTQ#コラム#ライフ 同時に何人も愛せる…「当たり前」が苦しかったポリアモリストな私 by tamtam
#HOW TO#オトナ磨き#美容 接近戦で勝負アリ。魅力“3割増し”になる「正しい洗顔」のススメ by 美容ズカイストあつこ
#コラム#ライフ より、魅力的な国へ。アメリカで気づいた日本の不思議な常識 by AJ
official mail magazine
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録 の最新記事が不定期に届きます
Netflix見ながら、まったりしない?世界の面白い「夜のお誘い」フレーズ 日本では、愛する人と甘い時間を過ごしたいとき「ちょっと休んでいく?」といった夜のお誘いフレーズがありますよね...
by

by 赤池リカ

無理なんて、しなくていいんだ。「できない」が悩みの出口である理由 私は、若いころにこんな経験をしたことがあります。人間関係や恋愛など、たくさん悩みがあったのですね。あるとき、...

by 上村英明

忘れられない相手、都合の良い関係…愛の「執着」から抜け出すには 別れて1年も経つのに、彼を忘れられない。都合の良い扱いをされても、彼から離れられない。何度フラれても、あの人...

by Friday(フライデー)

【漫画】何が原因?自分が悪いの?娘のSOSを受け入れる父の実話 「マンガよもんが」で配信中のオリジナル作品『うつを甘くみてました #双極性障害#受け入れる#家族』を、みなさ...

by angerire

# How To

#HOW TO #モテ 
異性や同性かかわらず、ひとりの人間として愛されたい。その気持ちを活かすモテの術はどこにある? >> #HOW TO #モテ  の記事一覧を読む
#HOW TO #美容 
自分を愛する、ひとつの方法。めまぐるしく移り変わる美容のイマ。 >> #HOW TO #美容  の記事一覧を読む
#HOW TO #パートナー 
友人、恋人、職場の仲間。他人だからこそ、わかりあいたい。近くて遠いパートナーを、もっともっと愛したい。 >> #HOW TO #パートナー  の記事一覧を読む
#HOW TO #親と子 
理解者で、味方?年齢なんて関係ない。親と子は、近いからこそむずかしい。多種多様な家族の姿から、自分自身を見つけ出す。 >> #HOW TO #親と子  の記事一覧を読む
#HOW TO #結婚 
ひとりがふたりになれば、悩みも解決策もふえるもの。愛しいひととの時間をより心地よく過ごすための知恵と工夫をチェック。 >> #HOW TO #結婚  の記事一覧を読む
#HOW TO #コン活 
出会って、縁を結ぶ。コン活の流行りから、結婚までの道のり。 >> #HOW TO #コン活  の記事一覧を読む
#HOW TO #コスメ 
基本の「キ」から流行まで押さえたい。コスメはいつだって、私たちの味方なんだから。 >> #HOW TO #コスメ  の記事一覧を読む
#HOW TO #ライフ 
晴れの日もあれば、雨の日もある。自分を守り、愛するために必要なきっかけがここにある。 >> #HOW TO #ライフ  の記事一覧を読む
VIEW MORE

- Writer

美容ズカイストあつこ

理工大学で4年生をカットし、飛び級で理工大学院に入学。物事をロジカルに考えるのが得意。かつて敏感肌だったことから、化粧品成分に興味をもつ。また、実験が好きで、化粧品の効果を独自に実験し、検証。

mailmagazine >> 美容ズカイストあつこの記事を読む
りばてぃ

ニューヨークの大学卒業後、現地で就職、独立。マーケティング会社ファウンダー。ニューヨーク在住。

mailmagazine >> りばてぃの記事を読む
山本早織

16歳の時に芸能界デビュー。ヤングジャンプやマガジンなどの雑誌や、ドラマや舞台などの活動後、25歳で引退。26歳の時に結婚をし、28歳で離婚。
その後フラワーデザイナーとして独立し、婚活女性への女性らしさをフラワースクールの中でレッスンしていく。その後ご縁あって恋愛コンサルタントとして独立。

mailmagazine >> 山本早織の記事を読む
寺長根愛

メイクスタジオ経営から芸能人・タレントのヘアメイクなど、幅広く活躍中のメイクアップアーティスト。

とにかくメイクが上手くなりたい女性のために、メイクに関する情報を惜しみなく配信する無料メルマガが好評。

mailmagazine >> 寺長根愛の記事を読む
大和まや・ゆうきゆう

精神科医・心理研究家。あらゆるジャンルの心理学を極めた、セクシーな精神科医たち。あやつる心理学のスキルは1000を超える。「ゾクゾクしなければ人生じゃない!」がモットー。趣味は瞑想と妄想。特技はスノーボード。

mailmagazine >> 大和まや・ゆうきゆうの記事を読む
岡田あすか

大学卒業後、大手アパレルメーカーに総合職として入社。 ヤングブランドの運営管理を担当。退職後モデルとして、旅行番組の海外ロケ、自動車メーカーのCMなどに出演。アパレルからモデル、15年洋服に携わって来た中で、自分はもっと服を着る楽しさを人に伝えたい。その想いから、現在のスタイリストという職業を選択。様々なライフスタイルの人の魅力を引き出すことに定評がある。近年、テレビやラジオなどメディアにて、ファッションアドバイザーとしても多数出演中。

mailmagazine >> 岡田あすかの記事を読む
久野浩司

19881993年アメリカ留学(ニューヨーク、フロリダ、LA)/1995年旅行会社 H.IS. に新卒入社/19962014年トイズファクトリーA&Rチーフプロデューサー(SPEED / BRAHMAN / ゆず、など数多くのアーティスト、バンドを担当)/20144月~カナダ・バンクーバーへ子育てのため移住(現在は14歳男、11歳女のパパ)ananGINGERBAILAMISSELLEなど多数、女性誌にコメンテーターとしても登場

オールアバウト恋愛ガイド

KOJI KUNO 婚活ライフデザイン コーチング

mailmagazine >> 久野浩司の記事を読む
海野千尋

1981年静岡出身。東日本大震災をきっかけに自分の生き方を再定義し始める。現在は3つのNPO団体や任意団体に関わりながら、“マイプロジェクト”である家族の未来をサーチする「ネオ・ファミリースタイル学」のキュレーターとして活動。「#新しい働き方・これからの生き方」を自分自身が体現していくことを実践中。

>> 海野千尋の記事を読む
VIEW MORE

? Question

気になる質問の知りたいボタンを押したら、
専門家は答えてくれるかも(???)
#オトナ磨き #ファッション 30歳をすぎ、体重は変わっていないのに顔や腕まわりなどが太って大きくなってきたように感じます。どうすれば10代20代と変わらずシュッとした見た目をキープできるのでしょうか?
1つ星5 件
知りたい!
Q
#育児  関東の田舎在住。7歳の息子が可愛らしい服を好み、「男らしく育てろ」と周りに言われます。個性を伸ばして欲しいと思う反面、今後いじめられるのではと悩んでいます。
1つ星49 件
知りたい!
Q
#パートナー #結婚 30歳目前の女性です。結婚は考えていないとお互い認識していた彼と「結婚するなら生活態度を改めろ」と喧嘩。仲直りするべき?
1つ星62 件
知りたい!
Q
#夫婦のこと #育児 子どもの頃からずっと「子どもが嫌い」で、旦那からは妊娠すれば変わると言われています。克服できるものなのでしょうか。
1つ星41 件
知りたい!
Q
#HOW TO #親と子 母親が見せる「女」の顔が許せない。成人しても親離れができていないのでしょうか?
1つ星62 件
知りたい!
Q
VIEW MORE