by them(バイゼム)あなたの声に共感する
ギャルとおじさんもマブになれる。居酒屋「山家」でカルチャートーク
1つ星3 件
いいね!

大衆居酒屋に通う、おじさんのちょっとした悩み

ホッピーの黒image by:編集部

おじさん:え、ホッピー知らないんですか?

リナ:名前は知ってますよ。なんか可愛いですよね(笑)

マイク:ホッピー?知らないですね。

ユナ:私も。何かのサワーとかですか?

おじさん:え、知らないか…。簡単に説明すると、ビールみたいなお酒だよ。低アルコールの炭酸飲料で、焼酎をホッピーで割って飲むの。ビールみたいだけどプリン体はゼロだし低カロリーなんだよね。

ユナ:ヘルシーな感じなんですかね。

おじさん:おじさん、健康診断にむっちゃ引っかかってるから、最近飲むのはハイボールかホッピーが多いかなぁ。

リナ:へー。でも横縞の服より、縦縞の方が痩せて見えるからおすすめですよ!しかもユナちゃんと服かぶってるじゃん!(笑)

横に並んでもらいました。image by:編集部

おじさん:え?そうなの?

ユナ:着痩せはまじ大事ですよ。

おじさん:…最近、大衆居酒屋に若い人とか外国人も結構増えてて、僕みたいに大きい人は狭い大衆居酒屋でみんなの迷惑にならないかなぁとか心配になるんだよね。

リナ:いきなりどうしたんですか!?

おじさん:狭いお店は椅子も小さくて詰めて座ることが多いし、大衆居酒屋って基本的に隣の人との距離が近いじゃないですか。でもおじさん、場所をとるからね…。若い人の隣に座るときは、本当にすみませんって思うんだよ。だから本気で痩せようと思ってジムに通い始めたっていうのもあるね。

焼きたての焼き鳥が到着。砂肝5本590円(税抜)image by:編集部

おじさん:僕もいまでは大仏みたいな見た目だけど、昔は金髪にしてたんだよ。いまは髪の毛が薄くなってきたから金髪にしようかとも思ってるんだよね…。

リナ:え、金髪だったんですか?めっちゃ意外なんですけど。もしかして昔は派手だった感じ?

おじさん:まぁ、もう中年だけど。昔『egg(エッグ)』っていう雑誌があってね。それをよく女友だちと一緒に読んでて、その影響もあっていまよりかは少し派手だったかもしれない。

リナさんはマッコリを注文。マッコリボトル1600円(税抜)image by:編集部

マイク:エッグ…?

リナ:ギャル雑誌でめっちゃ人気だったんですよ。当時はみんな日サロ(日焼けサロン)で焼いて、濃いメイクをするのが流行りだったんです。

ユナ:私『egg』めっちゃ好きでした!

おじさん:え、ユナちゃん知ってるの?

ユナ:私、中学生のころに韓国で読んでましたよ!日本に来るまでは、本当に渋谷には雑誌に載ってるようなギャルがいるんだと思ってましたもん!

リナ:私も読んでた!好きなモデルの髪型とかめっちゃ真似してたわ。最近復活したらしいね。

おじさん:えーそうなの!なんかスゴい。大衆居酒屋でホッピーよりも『egg』の話で盛り上がれるのも、渋谷ならではなのかもしれないね。

1つ星3 件
いいね!
by
赤池リカ

大学時代にドイツへ1年間留学。卒業後は旅行・グルメ・恋愛系のライターとして活動中。大好きなハンバーガーとビールのために、休日はボルダリングとヨガで汗を流す。

前の記事:まさかの「名探偵コナン」型?2019年度新社会人の恋愛事情

read more

#カルチャー#育児 脳科学者も太鼓判。フランスから届いた「子どもが一生トクする」絵本 by angerire
#LGBTQ#カルチャー#パートナー 爆笑、だけど、涙。ゲイカップルの日常を描いた実話漫画がジワる by angerire
#カルチャー#ライフ 【漫画】何が原因?自分が悪いの?娘のSOSを受け入れる父の実話 by angerire
#WORK#カルチャー#スピ 仕事がうまくいきますように。山の手線ぶらり「開運神社」めぐり by TRiP EDiTOR 編集部
#カルチャー#コン活#占い・診断 ノート、旅、手帳、SNS…今年は「占い総動員」で運気UPしよ by angerire
#カルチャー#スピ 国内最高峰のパワスポも。死ぬまでに行きたい「神社仏閣」 by TRiP EDiTOR 編集部

! trending topics

#コラム#夫婦のこと#結婚 ツレがヒモになりまして。「理想の夫」が隠し持っていた思わぬ過去 by ichikobitto
#HOW TO#ライフ 計画通りに6億当選。お金のラッキーが続々と舞いこむ「運気の法則」 by by them 編集部
#パートナー#ライフ#夫婦のこと 「で?だから何?」夫の言葉と態度が妻の体をむしばむ現代病 by 手塚巧子
official mail magazine
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録 の最新記事が不定期に届きます
「で?だから何?」夫の言葉と態度が妻の体をむしばむ現代病 あなたにとって「夫」は、きっと、人生をともに歩んでいこうと決意した相手。本来であれば安心感を得られたり、いっ...
by

by 手塚巧子

50万円で、とびきり可愛いわたしに整形。これってイケナイこと? もしも、目がパッチリしていたら。あと少し、鼻が高かったら。あと1カップ、胸がおおきかったら。 「もっと可愛く...

by 垣屋美智子

少しだけ、解放される時間を。何者でもない「私」に戻りたい母親たち ママといえども、ひとりの人間。誰にも言えない悩みあり、うちに秘めた気持ちや欲望あり…。いまどきママたちのそう...

by angerire

計画通りに6億当選。お金のラッキーが続々と舞いこむ「運気の法則」 派遣切りから大富豪に。3千円を大金に変えた6億男の秘策 「宝くじが当たったなら…」 そんな妄想をして、取らぬ...

by by them 編集部

# How To

#HOW TO #モテ 
異性や同性かかわらず、ひとりの人間として愛されたい。その気持ちを活かすモテの術はどこにある? >> #HOW TO #モテ  の記事一覧を読む
#HOW TO #美容 
自分を愛する、ひとつの方法。めまぐるしく移り変わる美容のイマ。 >> #HOW TO #美容  の記事一覧を読む
#HOW TO #パートナー 
友人、恋人、職場の仲間。他人だからこそ、わかりあいたい。近くて遠いパートナーを、もっともっと愛したい。 >> #HOW TO #パートナー  の記事一覧を読む
#HOW TO #親と子 
理解者で、味方?年齢なんて関係ない。親と子は、近いからこそむずかしい。多種多様な家族の姿から、自分自身を見つけ出す。 >> #HOW TO #親と子  の記事一覧を読む
#HOW TO #結婚 
ひとりがふたりになれば、悩みも解決策もふえるもの。愛しいひととの時間をより心地よく過ごすための知恵と工夫をチェック。 >> #HOW TO #結婚  の記事一覧を読む
#HOW TO #コン活 
出会って、縁を結ぶ。コン活の流行りから、結婚までの道のり。 >> #HOW TO #コン活  の記事一覧を読む
#HOW TO #コスメ 
基本の「キ」から流行まで押さえたい。コスメはいつだって、私たちの味方なんだから。 >> #HOW TO #コスメ  の記事一覧を読む
#HOW TO #ライフ 
晴れの日もあれば、雨の日もある。自分を守り、愛するために必要なきっかけがここにある。 >> #HOW TO #ライフ  の記事一覧を読む
VIEW MORE

- Writer

美容ズカイストあつこ

理工大学で4年生をカットし、飛び級で理工大学院に入学。物事をロジカルに考えるのが得意。かつて敏感肌だったことから、化粧品成分に興味をもつ。また、実験が好きで、化粧品の効果を独自に実験し、検証。

mailmagazine >> 美容ズカイストあつこの記事を読む
りばてぃ

ニューヨークの大学卒業後、現地で就職、独立。マーケティング会社ファウンダー。ニューヨーク在住。

mailmagazine >> りばてぃの記事を読む
山本早織

16歳の時に芸能界デビュー。ヤングジャンプやマガジンなどの雑誌や、ドラマや舞台などの活動後、25歳で引退。26歳の時に結婚をし、28歳で離婚。
その後フラワーデザイナーとして独立し、婚活女性への女性らしさをフラワースクールの中でレッスンしていく。その後ご縁あって恋愛コンサルタントとして独立。

mailmagazine >> 山本早織の記事を読む
寺長根愛

メイクスタジオ経営から芸能人・タレントのヘアメイクなど、幅広く活躍中のメイクアップアーティスト。

とにかくメイクが上手くなりたい女性のために、メイクに関する情報を惜しみなく配信する無料メルマガが好評。

mailmagazine >> 寺長根愛の記事を読む
大和まや・ゆうきゆう

精神科医・心理研究家。あらゆるジャンルの心理学を極めた、セクシーな精神科医たち。あやつる心理学のスキルは1000を超える。「ゾクゾクしなければ人生じゃない!」がモットー。趣味は瞑想と妄想。特技はスノーボード。

mailmagazine >> 大和まや・ゆうきゆうの記事を読む
岡田あすか

大学卒業後、大手アパレルメーカーに総合職として入社。 ヤングブランドの運営管理を担当。退職後モデルとして、旅行番組の海外ロケ、自動車メーカーのCMなどに出演。アパレルからモデル、15年洋服に携わって来た中で、自分はもっと服を着る楽しさを人に伝えたい。その想いから、現在のスタイリストという職業を選択。様々なライフスタイルの人の魅力を引き出すことに定評がある。近年、テレビやラジオなどメディアにて、ファッションアドバイザーとしても多数出演中。

mailmagazine >> 岡田あすかの記事を読む
久野浩司

19881993年アメリカ留学(ニューヨーク、フロリダ、LA)/1995年旅行会社 H.IS. に新卒入社/19962014年トイズファクトリーA&Rチーフプロデューサー(SPEED / BRAHMAN / ゆず、など数多くのアーティスト、バンドを担当)/20144月~カナダ・バンクーバーへ子育てのため移住(現在は14歳男、11歳女のパパ)ananGINGERBAILAMISSELLEなど多数、女性誌にコメンテーターとしても登場

オールアバウト恋愛ガイド

KOJI KUNO 婚活ライフデザイン コーチング

mailmagazine >> 久野浩司の記事を読む
海野千尋

1981年静岡出身。東日本大震災をきっかけに自分の生き方を再定義し始める。現在は3つのNPO団体や任意団体に関わりながら、“マイプロジェクト”である家族の未来をサーチする「ネオ・ファミリースタイル学」のキュレーターとして活動。「#新しい働き方・これからの生き方」を自分自身が体現していくことを実践中。

>> 海野千尋の記事を読む
VIEW MORE

? Question

気になる質問の知りたいボタンを押したら、
専門家は答えてくれるかも(???)
#オトナ磨き #ファッション 30歳をすぎ、体重は変わっていないのに顔や腕まわりなどが太って大きくなってきたように感じます。どうすれば10代20代と変わらずシュッとした見た目をキープできるのでしょうか?
1つ星10 件
知りたい!
Q
#育児  関東の田舎在住。7歳の息子が可愛らしい服を好み、「男らしく育てろ」と周りに言われます。個性を伸ばして欲しいと思う反面、今後いじめられるのではと悩んでいます。
1つ星55 件
知りたい!
Q
#パートナー #結婚 30歳目前の女性です。結婚は考えていないとお互い認識していた彼と「結婚するなら生活態度を改めろ」と喧嘩。仲直りするべき?
1つ星64 件
知りたい!
Q
#夫婦のこと #育児 子どもの頃からずっと「子どもが嫌い」で、旦那からは妊娠すれば変わると言われています。克服できるものなのでしょうか。
1つ星43 件
知りたい!
Q
#HOW TO #親と子 母親が見せる「女」の顔が許せない。成人しても親離れができていないのでしょうか?
1つ星73 件
知りたい!
Q
VIEW MORE