by them(バイゼム)あなたの声に共感する

フッた腹いせにミスを押し付けてくる教育担当の部下。「逆パワハラ」から抜け出した方法

1つ星0 件
いいね!

一緒に過ごす時間が長く、日々顔を合わせる機会が断トツに多いのが会社の人。

コミュニケーションが繰り返されるため社内恋愛に発展する男女は後を絶ちませんが、「距離が近い」ことは仲がこじれたときに大きな問題になる可能性もあります。

仕事をする場なら、プライベートなことは持ち込まずにしっかりとやるべきことをこなすのが当たり前ですが、それができない人もいるのはたしか。

今回は、慶子さん(仮名/31歳)が実際に巻き込まれたトラブルについて、お話しします。

関連記事
>>>オーナーの横領を見つけて社長に報告したら…予想もしていなかった「まさか」の展開

恋愛相談がきっかけで…

image by:Unsplash

慶子さんは、新卒で入社した会社でいまも頑張っており、「いろいろな部署を経験したことで、広い視野を持てるようになった」と話します。

数年ごとにある配置転換は、新しく知り合う人たちと一から信頼関係を築いていくコミュニケーションが必須で、男女関係なくその人の話に耳を傾けることを日々意識しているそうです。

そんな努力の甲斐があって、いまの営業部では後輩の教育を上司から頼まれるほど慶子さんの評判は上々でした。

別の部署から配置されてきたその年下の男性について、「最初は素直できちんとこちらの話を聞く姿勢がありました」と、慶子さんは記憶しています。

「いつものように業務の段取りから報告の手順などを順番に伝えていくのですが、メモを取るんですね。真面目だし未経験の業務でもやる気があるし、『これは伸びるな』と手をかけすぎたのがいけなかったと思います」

ため息をつきながら疲れた表情で振り返るのは、その年下男性に恋愛対象としての好意を持たれてしまったからでした。

「はじめめの3カ月くらいは付きっきりで様子を見るのですが、そのAくんは私が伝えたことをきちんと守ってくれていました。業務はスムーズに進み、仕事以外の話もするようになって、あるとき『彼女から振られそうで』って相談を受けたんですね。会社の人に話す内容かとびっくりしたのですが、真剣に悩んでいるようだし、業務以外の話も聞くべきとそのときは判断しました」

そうやって親身になった結果、「あなたのことを好きになった」と遠回しに伝えられるようになったそうです。

年下男性の「変わり身」のひどさ

image by:Unsplash

「『彼女とは別れました。すっきりしました』と言われたときは、『残念だけど前を向いていこうね』って、ありきたりな励ましを送った記憶があります。でも、それから私に対するプライベートな質問が増えて、彼氏の有無とか住んでいる部屋のことや休日の過ごし方など、どんどん踏み込んでくるんですね。ちょっとまずいかもと距離を取ろうとしたら、『好きな人に冷たくされたらつらい』ってLINEが飛んできて、これはもうアウトだなと思いました」

慶子さんは「仕事が好きだからこそ集中するために社内恋愛はしない」と決めており、これまでも社員の男性から告白されることはありましたが、全部お断りしてきたそうです。

特にAくんは新卒で入社し、20代後半のいまは未経験な仕事のほうが多く、「社会人なら恋愛より業務を優先するのが当然」と考える慶子さんは、
「ごめんなさい。社内恋愛はしないと決めているから」とそのとき丁寧に文章を作って返信したそうです。

「毎日顔を見るし、距離を取ろうにも私が教育係ならそうはいかず、しばらくは気まずい日々が続きました。でも、仕事熱心で真面目なAくんなら、理解してくれると思ったんですよね…」

慶子さんのそんな目論見が外れたのは、Aくんが教えたことを守らずルールを平気で逸脱するようになったから。

帰社の時間を教えなかったり慶子さんを飛び越えて上司にいきなり報告に走ったり、それまで普通にやっていたことを「あからさまにやめた」姿に、慶子さんは落胆を超えて怒りを覚えたと言います。

「一番困ったのが、まず私に言うべきことを黙って上司に報告することで、上司から『Aくんからいきなりこう言われたけど、どうなっているんだ』ってまた確認されるのがストレスでした。上司も、それまで順調に業務をこなしていたAくんがいきなりそうなって、不審に思っていたはずです」

彼の不始末はどうしても慶子さんにも責任が及び、慶子さんはLINEで何度も「いままで教えたルールを守ってほしい」「社会人なら常識のある行動をしてほしい」とお願いしたそうです。

それらすべてに既読はつくものの、Aくんからの返信はありませんでした。

どんどん悪くなる現実に…

image by:Unsplash

同じ部署で働くのにどうしてこんな極端なことができるのか、どう考えても自分への嫌がらせと感じられるAくんの振る舞いは、子どもじみた幼稚さがあったと言います。

「まず、朝は挨拶をしないし会話は最低限で、目も合わせないんですね。それをわざわざやっているというか、私の目の前でほかの女性と親しげに話しながらちらっとこっちの様子をうかがうのがもう、気持ち悪いなと思いました」

業務でのルールを守らなければAくんは周囲に迷惑をかけ当然叱責を受けるわけで、それはどうなのか聞くと、「私のせいにするんです、『聞いていないです』『教わっていないです』って。それで私に確認がきて、たしかに伝えたと説明しても埒が明かないですよね、そこにこだわっても意味がないというか。結局私が謝罪する羽目になって、Aくんがわざとらしく肩を縮めている姿を見たら本当に腹が立ちました」と振り返ります。

それまでできていたことをどうしてやらなくなったのか聞かれた彼が、「慶子さんから工夫して進めようねと言われているのでこうしました」「クレームは慶子さんに言ってください」と平然と返す姿も、慶子さんは確認していました。

部署内で少しずつ孤立していく彼と、「ふたりの間に何かあったのでは」と陰でささやかれ始めたのを知って、慶子さんは上司に相談をすることを決めます。

「教育係を任されながらこんな展開になるなんて、私自身の評価も下がることは確実でした。上司は昔からのやり方にこだわる人で、告白を断ったらこうなったなんて言っても、女の私に責任があると返されることも考えましたね」

ところが、勇気を出して経緯を報告した慶子さんに向かって、その上司が言ったのは「それは逆パワハラじゃないのか」というまったく予想外の言葉でした。

社内恋愛でも「逆パワハラ」は起こる

image by:Unsplash

「いわば上司である私が説明してきたことを無視して勝手な行動に走り、『聞いていない』と嘘をついて周囲の同情を買うようなAくんの振る舞いは、上司に対する部下からのハラスメントだと、上司ははっきり言いました」と、そのときの上司の様子を思い出していました。

救いだったのは、慶子さんはAくんへの指導について日付を入れてメモを残しており、教えている様子は上司自身が目にしていたこと、そしてAくんに「教えた通りのことを守ってほしい」とお願いをしているLINEのメッセージも、主張を正しく裏付ける証拠になったことです。

「うちの会社が、数年前から社内コンプライアンスに力を入れているのは知っているだろう。男性社員が女性の上司を逆パワハラで苦しめるなんていうのは、許しがたい事態だ」と上司は厳しい声で言ったそうで、次の日には部署のメンバーにAくんについてのヒアリングが行われ、慶子さんが告白を断ってから言動に矛盾が出はじめたことや反抗的な態度を見せるようになったことの確認が取れたそうです。

慶子さんやメンバーの証言を元にこの件は総務のコンプライアンス担当に届き、Aくんが呼び出された話はあっという間に部署内で広がりました。

「自分のしていることは立派なハラスメントなのだと会社から言われてどう思ったのかはわかりませんが、呼び出しを受けた次の日から2日ほどAくんは有給を取りました。このまま辞めてしまうかもと不安でしたが、また出社するようになって今度は私の教えた通りにやっていて、かなりこたえたのだろうなと思います」

会社に来たAくんは憔悴を隠せない顔で、それでもこの会社での勤務を続ける選択をしたことは、慶子さんにとっては「後味の悪い終わりにならなくてよかったです」と、やっと息をつける状態になりました。

社内恋愛はよくあることで、片方が一方的に思いを歪めてしまえばこんなハラスメントも起こります。

振られた腹いせで済まないのは会社だからで、仕事にプライベートな問題を持ち込むのは社会人としてどうなのか、影響を考えるべきであることは間違いありません。

「言いたくないですが、こんな性格だから彼女にも振られたんじゃないのって…」

声を落として慶子さんはそうつぶやきますが、恋愛はどこまでも個人のことであり、会社を巻き込めば自分が大きなダメージを受ける現実を忘れてはいけません。

  • image by:Unsplash
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます
1つ星0 件
いいね!
by
ひろた かおり
フリーランスライター。復縁や不倫、男性心理などたくさんの相談を受けてきた経験から、男女のリアルをメディアで書いています。
人生のモットーは「自分の幸せは自分で決める」。
まっすぐに自分を信じ、人を愛する強さをいくつになっても考えたい。
前の記事:「遊び人の男」が「最後に選ぶ女」の特徴は?本気にさせる3つのテクニック
: Attention

read more

#WORK オーナーの横領を見つけて社長に報告したら…予想もしていなかった「まさか」の展開 by Ryota@HSPアドバイザー
#WORK 「嘘でも子どもを使えば休めていいね」ワーママを追い詰めたブラック企業の実態 by Ryota@HSPアドバイザー
#WORK#コラム#育児 このままではキャリアの選択肢が限られる…焦るワーママに「リスキリング」の提案 by Ryota@HSPアドバイザー
#WORK#パートナー 社内恋愛、周りにいつ言うべき?ベストなタイミングと考えられる最大のリスク by Ryota@HSPアドバイザー
#WORK 会社のHPにフルネームと顔写真の掲載を強要され…20代女性はどうなった? by Ryota@HSPアドバイザー
#WORK#コラム このままではいかん!危機感を覚えたわたしの「産後のキャリア」への模索 by Ryota@HSPアドバイザー

! trending topics

#オトナ磨き#ライフ 「コミュ力」に自信がなくて不安…大人数が苦手でも楽しく過ごせる会話のコツ by 山本衣奈子
#親と子 「許せない自分」を許せない。アダルトチルドレンが幸せになるために大切なこと by 安宮正敏
#結婚 「結婚したい」「いつする?」をパートナーに伝えるベストタイミング by 横山すじこ
official mail magazine
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録 の最新記事が不定期に届きます
このままではいかん!危機感を覚えたわたしの「産後のキャリア」への模索 20歳年上の夫とマイペース高1息子と暮らすアラフィフ主婦ライター、塩辛いか乃です。 子どもが小さいころ、家で...
by

by 塩辛いか乃

手がビチョビチョ…を回避。「畳まなくてもとじる傘」が大バズの予感 もうすぐ、憂うつな雨の季節がやってきますね。梅雨時期に手放せないのが、傘。 お店に入るとき、傘を畳んでベルト...

by きた村

プールに、お祭りに、ビアガーデン!思いっきり夏を満喫する「7月開催中イベント」5選 いよいよ夏本番!7月のデートプランは決まりましたか? 「夏ならではのデートがしたい」「いつもと違う夏デートで...

by 横山すじこ

韓国人はパウダーを使わない?「現地の最新バズコスメ」や「トレンドメイク術」 こんにちは。韓国在住歴9年目、会社員兼ライターのヘリです。 日本のみなさんは、ベースメイクにどんなコスメを使...

by haeri

# How To

#HOW TO #モテ 
異性や同性かかわらず、ひとりの人間として愛されたい。その気持ちを活かすモテの術はどこにある? >> #HOW TO #モテ  の記事一覧を読む
#HOW TO #美容 
自分を愛する、ひとつの方法。めまぐるしく移り変わる美容のイマ。 >> #HOW TO #美容  の記事一覧を読む
#HOW TO #パートナー 
友人、恋人、職場の仲間。他人だからこそ、わかりあいたい。近くて遠いパートナーを、もっともっと愛したい。 >> #HOW TO #パートナー  の記事一覧を読む
#HOW TO #親と子 
理解者で、味方?年齢なんて関係ない。親と子は、近いからこそむずかしい。多種多様な家族の姿から、自分自身を見つけ出す。 >> #HOW TO #親と子  の記事一覧を読む
#HOW TO #結婚 
ひとりがふたりになれば、悩みも解決策もふえるもの。愛しいひととの時間をより心地よく過ごすための知恵と工夫をチェック。 >> #HOW TO #結婚  の記事一覧を読む
#HOW TO #コン活 
出会って、縁を結ぶ。コン活の流行りから、結婚までの道のり。 >> #HOW TO #コン活  の記事一覧を読む
#HOW TO #コスメ 
基本の「キ」から流行まで押さえたい。コスメはいつだって、私たちの味方なんだから。 >> #HOW TO #コスメ  の記事一覧を読む
#HOW TO #ライフ 
晴れの日もあれば、雨の日もある。自分を守り、愛するために必要なきっかけがここにある。 >> #HOW TO #ライフ  の記事一覧を読む
VIEW MORE

- Writer

美容ズカイストあつこ

理工大学で4年生をカットし、飛び級で理工大学院に入学。物事をロジカルに考えるのが得意。かつて敏感肌だったことから、化粧品成分に興味をもつ。また、実験が好きで、化粧品の効果を独自に実験し、検証。

mailmagazine >> 美容ズカイストあつこの記事を読む
Honoka Yamasaki

ライター、ダンサー、purple millennium運営。
Twitter:@honoka_yamasaki

>> Honoka Yamasakiの記事を読む
垣屋美智子

日本生まれ香港育ち。香港で高校を卒業したのち、単身渡米、University of California, Berkeley卒業。主な著書:「使えば増える! お金の法則 ―ワクワクしながら資産づくり」(時事通信社)。主な連載:「使えば増える! お金の法則 ―ワクワクしながら資産づくり」(cakes, 2018年~)

mailmagazine >> 垣屋美智子の記事を読む
朝日美陽

日本大学芸術学部演劇学科演技コース卒業。芸能活動後、セラピストへ転身。登遥 Toyoh spa salon代表(Instagram:@toyohofficial)。女性の働き方・キャリア・LGBTQなどをテーマにフリーライターとして活動中。

>> 朝日美陽の記事を読む
大和まや・ゆうきゆう

精神科医・心理研究家。あらゆるジャンルの心理学を極めた、セクシーな精神科医たち。あやつる心理学のスキルは1000を超える。「ゾクゾクしなければ人生じゃない!」がモットー。趣味は瞑想と妄想。特技はスノーボード。

mailmagazine >> 大和まや・ゆうきゆうの記事を読む
久野浩司

マリッジ・ライフデザインコーチ/オールアバウト恋愛ガイド

カナダ・バンクーバー在住。音楽プロデューサー、留学関連などパラレルワーク実践中。anan、ELLE、BAILAなど女性誌でもコメンテーターとして活躍。

Website / Blog

mailmagazine >> 久野浩司の記事を読む
伊藤 翠

18歳から30歳までの12年間、ホステスとして18,000人以上の男性を接客。移るお店移るお店でNO.1になり、25歳から30歳まで働いたクラブでは小ママとして勤務。ホステスを辞めた後、男性心理と女性心理の違いや基礎心理学などを学び、大好きな彼から1番に選ばれて、その後もずっと愛され続ける女性になるためのHOW TOをメルマガで無料配信しています。

mailmagazine >> 伊藤 翠の記事を読む
VIEW MORE

? Question

気になる質問の「知りたい!」ボタンを押したらby themの専門家が答えてくれるかも?
#モテ  これまで「意味がなかったな」と思う恋愛テクニックはありますか?
1つ星80 件
知りたい!
Answer :
Q
#パートナー #プロポーズ 高校生のころに付き合っていた元彼とヨリを戻して3年。私は結婚したいのですが、まったくそんな話になりません。まわりの友達が結婚していき、正直焦っています。でも、自分から「結婚どうする?」とはなかなかいい出せません。彼から結婚話を切り出させる方法があれば教えてください。
1つ星76 件
知りたい!
Q
#オトナ磨き #ライフ 恋人がいない状況に耐えられず、好きでもない男性と関係を持ったり付き合ってしまう私。そんな自分が本当に嫌いです。どうしたらひとりでいられる自分、シングルの時間を楽しめる自分になれるでしょうか?
1つ星54 件
知りたい!
Q
#オトナ磨き #ライフ 職場の飲み会で泥酔してしまいました。途中から記憶がなく、何をしゃべったか覚えていません。その後、周囲の目線が冷たいような、哀れむようなものに変わりました…。おそらく、表面上は仲良くしている同僚の女性(かわいくて人気がある)に対する嫉妬心丸出しの発言をしたのだと思います。仕事は好きなので辞めたくありません。どうすればよいでしょうか?

1つ星38 件
知りたい!
Answer :
Q
#パートナー #ライフ 彼氏に愛されていることはわかっているのに、どうにも自分に自信が持てなかったり、疑ってしまったりします。気持ちが安定しているときもありますが、その気持ちが長く続かず、占いの結果で自信をなくしたりしてしまいます。ポジティブな気持ちが持続する方法はありますか?また、本当に彼氏から愛されている確信を得るにはどういうところをみていけばよいでしょうか?
1つ星38 件
知りたい!
Answer :
Q
#HOW TO #モテ 私には社内に大好きな人がいるのですが、その人にアピールをしてもなかなか響かず、何とも思ってない数人からアプローチされます。気持ちは嬉しいのですが私が付き合いたいのは彼だけです。彼からアプローチされるにはどうしたらいいでしょう?ほかの人からのメールやアプローチを受けても虚しくなるので、無視してもいいでしょうか?
1つ星22 件
知りたい!
Answer :
Q
#パートナー #結婚 今度、彼のご実家に初めて伺います。ご両親に好印象を与えるための作法などがございましたら教えてください。
1つ星39 件
知りたい!
Answer :
Q
#パートナー #結婚 結婚のタイミングや子どもの有無など、彼と将来に対する価値観が合いません。結婚してもうまくいかないのでしょうか。
1つ星52 件
知りたい!
Q
#オトナ磨き #ライフ 自分で自分のことを「空気が読めない人間だ」と思っています。また変なことを言ってしまうのでは?場を凍りつかせてしまうのでは?と、人付き合いをすること、人と接することが怖くて仕方がありません。どうすればもっと空気を読むことができるようになるのでしょうか?
1つ星47 件
知りたい!
Answer :
Q
#パートナー  彼からのLINEの連絡が遅いです(私もつられて遅くなりました)。このくらいがちょうどいいかと納得しつつ、もしかして面倒なのかなと気になってしまいます。ちなみに付き合う前や付き合いたての頃もそんな感じでした…。
1つ星47 件
知りたい!
Answer :
Q
#デート #パートナー 年下の男性を好きになってしまいました。彼は会社の後輩で、私とは11個、歳の差があります。年下ですが営業成績もよく、私の悩み相談に乗ってくれたことがきっかけで一度だけごはんにいったのですが、そのあと進展がありません。11も上の女性からアプローチされたら迷惑でしょうか?迷惑ではないとしたら、どんなアプローチをされたら、キュンときますか?
1つ星38 件
知りたい!
Answer :
Q
#HOW TO #ライフ 私の夫と子どもはHSP・HSCです。また会社の部下や同僚のなかにもHSPなのではないかと思う繊細な方がいます。彼ら、彼女らと接するうえで気をつけた方がよいことがあれば教えてください。
1つ星61 件
知りたい!
Answer :
Q
#オトナ磨き #パートナー 私はHSPです。すぐに彼氏に依存し、尽くしすぎて「しんどい」と感じる交際をしてしまいます。依存しないための改善方法はありますか?このような相手とならうまくいくのでは、といったアドバイスもいただきたいです。
1つ星86 件
知りたい!
Answer :
Q
#コン活 #失恋 40代のこじらせ女子です。結婚相談所や婚活パーティー、アプリ、合コンなどで出会った男性とデートを重ねててきましたが、30歳のときに円満に別れた元彼が忘れられません。お互い恋人はおらず、連絡はたまに取るのですが、復縁のアドバイスをいただきたいです。
1つ星62 件
知りたい!
Answer :
Q
#コン活 #パートナー 年下の彼と交際2年。人並みに交際してきましたが、「こんなに合う人はいない」と思うほど彼が好きで居心地がよいです。いずれ結婚を…という話は出ており、私たちのペースで少しずつ進んでいる気はするのですが、私が20代後半ということもあり周囲の結婚ラッシュに焦り、不安になる日もあります。
1つ星61 件
知りたい!
Answer :
Q
#HOW TO #コン活 「結婚前に必ず同棲したい」と話していた彼から同棲の話が出ました。このまま良い関係を築きながら「結婚」するための注意点やコツはありますか?また、ズルズル長引いてしまわないか不安なので、その対処法も知りたいです。
1つ星70 件
知りたい!
Answer :
Q
#HOW TO #コン活 30代前半です。結婚願望のないパートナーと別れて婚活を始めたいと思っていたのですが、コロナで出会いがないのでは…と踏みとどまってしまいます。オンラインは少し抵抗があり、別の出会い方を知りたいです。
1つ星61 件
知りたい!
Answer :
Q
#シングル #失恋 ふたりで食事に行ったり、毎日連絡を取り合っているときはすごく積極的な彼。しかしグループでいるときは目も合わず、話しかけてもそっけない態度。「好き避け」されているのか嫌われているのか不安です。攻略法があれば教えてください。
1つ星54 件
知りたい!
Answer :
Q
VIEW MORE