by them(バイゼム)あなたの声に共感する
キャリアファーストの私が結婚した理由。「結婚=キャリアの邪魔」は本当なのか?
1つ星1 件
いいね!

26歳の筆者は、現在絶賛マリッジブルーだ。

8月末ごろに結納が終わり、あとは引越しをして籍を入れるだけ…というタイミングで訪れた噂に聞くマリッジブルーは、嵐のように心をかき乱し、「本当にこれでいいのだろうか」と自問自答を繰り返す時間が増えたのだった。

私のマリッジブルーというのは本当に勝手なもので、婚約者に大きな非はなく、むしろ私への愛情と信頼が日々増しているように思えるのに、なぜか気持ちが晴れ晴れとせず、早くに結婚した友人に愚痴っては「そんな時期私もあったよ」という言葉を聞いて安心している。

以前も触れたが、26歳での結婚は自分自身でも予想外であり、結婚報告を受けた人たちは口をそろえて「朝日は晩婚だと思っていた」と言った。

その理由としていちばんにあげられるのは、私の“キャリアファースト”である生き方だった。自他ともに認めるこの特徴から、まだ世間一般的に考えられている「結婚=仕事の邪魔」という思考を持つと思われていた。

そんな私が26歳での結婚を決め、そしてなぜ現在マリッジブルーなのか。その理由は、選ばなかったもうひとつの人生に思いを馳せてしまうからだ。

きっと女性にとっての結婚は、男性の想像以上に自分の人生を大きく変える出来事である。

結婚というきかっけにより、愛するパートナーとの子育てを検討することは多いだろう。男性育児休暇の周知・意向確認が義務化されたとはいえ、まだまだ「育児休暇といえば女性」が一般的な認識。

一時的なキャリアストップだけならばいいが、出産や育児により体調が戻らなければ、退職も考慮しなければならない。

つまりは結婚することにより、積み重ねていた、望んでいたキャリアが大きく変わる可能性がある。

ハタチそこそこの自分が仕事一筋で生きようと決め人生設計しても、愛する人との出会いでその一大決心を揺るがし、まったく想像していなかった人生を送ることもあるだろう。

結婚しようと決めたときは、「この人生最高!」となってもいざ分かれ道の前で選んだ方向に一歩踏み出そうとした瞬間おかしな気持ちが襲ってくる、それがマリッジブルーのひとつなのかもしれない。

私にとっての選ばなかったもうひとつの人生は、まさに結婚しない人生だった。もともと結婚願望が強いわけではなかったため、ほかに恋愛をしても結婚したいと思ったことはなかったのだ。

また、彼と本格的に付き合うまではいずれ友人のいるベトナムでライターの仕事をして暮らそうと思っていたし、そもそも誰かと一緒に暮らすことなんて私の性格上無理だと思っていた。

結婚しなかったら、いまごろはどんな生活をしていただろう、どんな案件をやっていただろう、そしてどんな人と恋愛をしていただろう。

なによりも、結婚は他者と生活をともにすることであり、いままで通り仕事をするわけにはいかないため、キャリアアップをスムーズに行うことはできないと遠い昔の私は思っていた。

「家事」と一言で言ってしまうのは簡単だが、トイレットペーパーがなくなる速度は倍になるし、朝昼晩の食事も適当に買っていたらお金が無駄になる。

洗濯物の量は増えて、布団カバーを変えるタイミングも増える。家事をするだけでもヘトヘトなのに、子どもができたとしたら。そのうえ仕事なんて…できるか!とずっと思っていた。

そんな私の人生に「結婚」という選択が組み込まれるようになったのは、ある友人との出会いがきっかけだったのかもしれない。

32歳の友達。彼女に見る結婚後のキャリア

image by:Unsplash

出会ったのは2年前。私は24歳で彼女は32歳だった。ベトナムで仕事をしようという計画の第一段階として、海外に飛べる福利厚生のついた空港職員の仕事をし始めたころだった。

彼女もその同僚のひとりで、本業は美容師。1歳になる息子がいた。研修初日に意気投合した私たちは、まだ日が出ている時間の研修おわり、新橋の居酒屋さん飲むことにした。

「子ども大丈夫なんですか?」まだ敬語で少し気を遣っていた年下の私に、「大丈夫大丈夫!きょうは夫が見てるし、このあとお客さんと飲みにいく予定あるから」と颯爽と新橋の高架下の居酒屋へ入っていった。

童顔で可愛らしい容姿で私と同い年に見られそうなのに声はハスキーでフランク。はじめて出会ったタイプの女性だった。

ふたりで適当なつまみを食べな生ビールを飲み、空港の話や仕事の話をし、お互いのプライベートな話に…。偶然にも、私が当時まだ結婚を意識せずに付き合っていたいまの夫と彼女が同学年ということもあって恋愛の相談もした。

聞くと、20代は美容師のアシスタントとしてだけでなく、撮影などのヘアメイクをしたいという夢を持ち、寝る暇もなく働いたが身体を壊してしまい、路面店のサロンで働いていたときに同じ美容師であるいまの夫と出会い結婚。子どもが生まれ、働き方を変えるために早朝から出勤のある空港職員に応募したのだという。

その話を聞いた24歳の私は、「自分の思っていた人生を諦めて、結婚を選んだ」と思った。けれど、彼女の姿はイキイキとしていて私の憧れる“バリキャリ女子”とはまた少し違う種類のかっこよさを感じた。

結婚という枠にとらわれず、息抜きの時間もしっかり取り、これから始まる空港職員の仕事にも「結婚で諦めたキャリアの第二の選択」なんていうことは微塵も感じさせず、人生を楽しんでいるように見えた。その彼女の第一印象が私の結婚のイメージを変えるきっかけになった。

その日の直後、世界的に新型コロナウイルスが流行。空港職員の仕事は開始1カ月で休業となった。

その間も家が近かった私たちは連絡を取り合い、お互いの家へ遊びに行ったり外で飲んだりと交流を深めていた。

彼女と瓜二つの子どもは毎回会うごとに話せる言葉が増え、おもちゃが変わり、プレゼントする洋服のサイズがどんどん大きくなった。

彼女との交流は彼女の子どもとの交流でもあり、まるで叔母さんのように可愛がった。彼女の夫も距離はありながらも少しずつ話すようになっていた。

そんな家族の姿や休業中美容師の仕事に復帰した彼女の姿を見て「結婚=仕事の邪魔」というイメージは少しも感じず、むしろそんな彼女に憧れていた。

また私のいまの夫との関係について、友人たちには「やめたほうがいい」「早く別れなよ」と言われ続けていたのだが、彼女だけは「そのまま付き合ったほうがいい」と言い続けていた。「お互いに居心地がいい、の先にあるのは惰性だけじゃない」と話していたのだ。

そんななか、コロナ禍は収まることを知らず、いつベトナムへ行けるかわからない状況で、私自身このままでは何も進まないという思いや身体面の変化から、リンパセラピストの資格を勉強し取得。サロンで働くようになった。

そのころにはコロナ禍という先の見えない環境やコロナ禍で改めて価値を持つようになった仕事以外の生活の充実さ、そして結婚という選択のよさを知るようになっていた。

たしかに、結婚や出産をすることで生まれる負担は計り知れないし、ハタチのころに持っていた人生における最大の喜びとは異なるかもしれない。けれど彼女と触れ合って感じたのは「ハタチのころとは違う仕事への価値観を認めて素直にそれを実行している」ということだった。

どうしても、結婚をしてキャリアを変えることはマイナスに捉えられがちだ。けれどそれはハタチのころの自分という角度からみてマイナスなだけであり、価値観はアップデートされる。

アップデートされた30歳の自分という角度からみるのであれば、はじめから決めていた仕事でのキャリアアップが人生の成功であるとは限らないのではないだろうか。

キャリアアップは、仕事を始めたときに考えた理想と夢を成し遂げるということだけじゃない。人生のステージごとに変化する自分のキャリアアップの価値観を成し遂げていくことなのだ。

いま読まれてます
1つ星1 件
いいね!
by
朝日美陽

日本大学芸術学部演劇学科演技コース卒業。芸能活動後、セラピストへ転身。登遥 Toyoh spa salon代表(Instagram:@toyohofficial)。女性の働き方・キャリア・LGBTQなどをテーマにフリーライターとして活動中。

次の記事:年末年始が近づくと思い浮かぶ義実家・実家問題。面倒なのはなぜ?
: Attention

read more

#WORK 「私の方が彼と相性がいい」職場恋愛の修羅場…がまさかの展開? by 塚原かをる子
#WORK 二児の母、フルタイムはもう限界。「ワーキングマザー」をやめたら劣等感を感じるか? by 垣屋美智子
#LGBTQ#WORK 自分らしく、いきいきと働くために。「性」を決めない僕の転職活動 by 椎名トキ
#WORK 令和の女性の働き方は?妻であり、母である私は何を目指してどう進めばいいのか by 垣屋美智子
#WORK おすすめの国や職業って?キャリアのプロが「海外移住」についての疑問を徹底解説! by 垣屋美智子
#WORK#失恋 いい雰囲気だったのになぜ?ある日急に避けられるようになった「社内恋愛」失敗談 by ひろた かおり

! trending topics

#パートナー 夜デートでナニするの?ラブラブカップルにおすすめの「バレンタインの過ごしかた」 by 横山すじこ
#ライフ 整理収納アドバイザー直伝!暮らしが快適になる、使いやすい「キッチン収納」 by 整理収納アドバイザー 岩佐弥生
#グルメ SNSでも超話題!「業務スー冷凍加工品総選挙」2位の商品をマニアが実食レポ! by かーこ
official mail magazine
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録 の最新記事が不定期に届きます
年末年始が近づくと思い浮かぶ義実家・実家問題。面倒なのはなぜ? 気がつくと、駅前のイルミネーションが飾りつけられていた。日々忙しない社会人たちは寒さや暦よりもイルミネーショ...
by

by 朝日美陽

キャリアファーストの私が結婚した理由。「結婚=キャリアの邪魔」は本当なのか? 26歳の筆者は、現在絶賛マリッジブルーだ。 8月末ごろに結納が終わり、あとは引越しをして籍を入れるだけ…とい...

by 朝日美陽

認知症になり、同じものを繰り返し買う母。悩んでいた私を楽にしてくれたプロの助言 6歳の女の子を持つママライター、EMIです。 私の母は、アルツハイマー型認知症。認知症と診断されてから5年が...

by EMI

「家を継ぐ」という彼と「婿をもらえ」という家族。結婚は諦めるべき? こんにちは。恋愛相談教室などで1万2000人以上のかたにアドバイスをしてきた、恋愛相談師マーチンです。 きょ...

by 恋愛相談師マーチン

# How To

#HOW TO #モテ 
異性や同性かかわらず、ひとりの人間として愛されたい。その気持ちを活かすモテの術はどこにある? >> #HOW TO #モテ  の記事一覧を読む
#HOW TO #美容 
自分を愛する、ひとつの方法。めまぐるしく移り変わる美容のイマ。 >> #HOW TO #美容  の記事一覧を読む
#HOW TO #パートナー 
友人、恋人、職場の仲間。他人だからこそ、わかりあいたい。近くて遠いパートナーを、もっともっと愛したい。 >> #HOW TO #パートナー  の記事一覧を読む
#HOW TO #親と子 
理解者で、味方?年齢なんて関係ない。親と子は、近いからこそむずかしい。多種多様な家族の姿から、自分自身を見つけ出す。 >> #HOW TO #親と子  の記事一覧を読む
#HOW TO #結婚 
ひとりがふたりになれば、悩みも解決策もふえるもの。愛しいひととの時間をより心地よく過ごすための知恵と工夫をチェック。 >> #HOW TO #結婚  の記事一覧を読む
#HOW TO #コン活 
出会って、縁を結ぶ。コン活の流行りから、結婚までの道のり。 >> #HOW TO #コン活  の記事一覧を読む
#HOW TO #コスメ 
基本の「キ」から流行まで押さえたい。コスメはいつだって、私たちの味方なんだから。 >> #HOW TO #コスメ  の記事一覧を読む
#HOW TO #ライフ 
晴れの日もあれば、雨の日もある。自分を守り、愛するために必要なきっかけがここにある。 >> #HOW TO #ライフ  の記事一覧を読む
VIEW MORE

- Writer

美容ズカイストあつこ

理工大学で4年生をカットし、飛び級で理工大学院に入学。物事をロジカルに考えるのが得意。かつて敏感肌だったことから、化粧品成分に興味をもつ。また、実験が好きで、化粧品の効果を独自に実験し、検証。

mailmagazine >> 美容ズカイストあつこの記事を読む
Honoka Yamasaki

ライター、ダンサー、purple millennium運営。
Twitter:@honoka_yamasaki

>> Honoka Yamasakiの記事を読む
垣屋美智子

日本生まれ香港育ち。香港で高校を卒業したのち、単身渡米、University of California, Berkeley卒業。主な著書:「使えば増える! お金の法則 ―ワクワクしながら資産づくり」(時事通信社)。主な連載:「使えば増える! お金の法則 ―ワクワクしながら資産づくり」(cakes, 2018年~)

mailmagazine >> 垣屋美智子の記事を読む
朝日美陽

日本大学芸術学部演劇学科演技コース卒業。芸能活動後、セラピストへ転身。登遥 Toyoh spa salon代表(Instagram:@toyohofficial)。女性の働き方・キャリア・LGBTQなどをテーマにフリーライターとして活動中。

>> 朝日美陽の記事を読む
大和まや・ゆうきゆう

精神科医・心理研究家。あらゆるジャンルの心理学を極めた、セクシーな精神科医たち。あやつる心理学のスキルは1000を超える。「ゾクゾクしなければ人生じゃない!」がモットー。趣味は瞑想と妄想。特技はスノーボード。

mailmagazine >> 大和まや・ゆうきゆうの記事を読む
久野浩司

マリッジ・ライフデザインコーチ/オールアバウト恋愛ガイド

カナダ・バンクーバー在住。音楽プロデューサー、留学関連などパラレルワーク実践中。anan、ELLE、BAILAなど女性誌でもコメンテーターとして活躍。

Website / Blog

mailmagazine >> 久野浩司の記事を読む
伊藤 翠

18歳から30歳までの12年間、ホステスとして18,000人以上の男性を接客。移るお店移るお店でNO.1になり、25歳から30歳まで働いたクラブでは小ママとして勤務。ホステスを辞めた後、男性心理と女性心理の違いや基礎心理学などを学び、大好きな彼から1番に選ばれて、その後もずっと愛され続ける女性になるためのHOW TOをメルマガで無料配信しています。

mailmagazine >> 伊藤 翠の記事を読む
VIEW MORE

? Question

気になる質問の「知りたい!」ボタンを押したらby themの専門家が答えてくれるかも?
#モテ  これまで「意味がなかったな」と思う恋愛テクニックはありますか?
1つ星69 件
知りたい!
Answer :
Q
#パートナー #プロポーズ 高校生のころに付き合っていた元彼とヨリを戻して3年。私は結婚したいのですが、まったくそんな話になりません。まわりの友達が結婚していき、正直焦っています。でも、自分から「結婚どうする?」とはなかなかいい出せません。彼から結婚話を切り出させる方法があれば教えてください。
1つ星58 件
知りたい!
Q
#オトナ磨き #ライフ 恋人がいない状況に耐えられず、好きでもない男性と関係を持ったり付き合ってしまう私。そんな自分が本当に嫌いです。どうしたらひとりでいられる自分、シングルの時間を楽しめる自分になれるでしょうか?
1つ星44 件
知りたい!
Q
#オトナ磨き #ライフ 職場の飲み会で泥酔してしまいました。途中から記憶がなく、何をしゃべったか覚えていません。その後、周囲の目線が冷たいような、哀れむようなものに変わりました…。おそらく、表面上は仲良くしている同僚の女性(かわいくて人気がある)に対する嫉妬心丸出しの発言をしたのだと思います。仕事は好きなので辞めたくありません。どうすればよいでしょうか?

1つ星27 件
知りたい!
Answer :
Q
#パートナー #ライフ 彼氏に愛されていることはわかっているのに、どうにも自分に自信が持てなかったり、疑ってしまったりします。気持ちが安定しているときもありますが、その気持ちが長く続かず、占いの結果で自信をなくしたりしてしまいます。ポジティブな気持ちが持続する方法はありますか?また、本当に彼氏から愛されている確信を得るにはどういうところをみていけばよいでしょうか?
1つ星38 件
知りたい!
Answer :
Q
#HOW TO #モテ 私には社内に大好きな人がいるのですが、その人にアピールをしてもなかなか響かず、何とも思ってない数人からアプローチされます。気持ちは嬉しいのですが私が付き合いたいのは彼だけです。彼からアプローチされるにはどうしたらいいでしょう?ほかの人からのメールやアプローチを受けても虚しくなるので、無視してもいいでしょうか?
1つ星21 件
知りたい!
Answer :
Q
#パートナー #結婚 今度、彼のご実家に初めて伺います。ご両親に好印象を与えるための作法などがございましたら教えてください。
1つ星39 件
知りたい!
Answer :
Q
#パートナー #結婚 結婚のタイミングや子どもの有無など、彼と将来に対する価値観が合いません。結婚してもうまくいかないのでしょうか。
1つ星50 件
知りたい!
Q
#オトナ磨き #ライフ 自分で自分のことを「空気が読めない人間だ」と思っています。また変なことを言ってしまうのでは?場を凍りつかせてしまうのでは?と、人付き合いをすること、人と接することが怖くて仕方がありません。どうすればもっと空気を読むことができるようになるのでしょうか?
1つ星46 件
知りたい!
Answer :
Q
#パートナー  彼からのLINEの連絡が遅いです(私もつられて遅くなりました)。このくらいがちょうどいいかと納得しつつ、もしかして面倒なのかなと気になってしまいます。ちなみに付き合う前や付き合いたての頃もそんな感じでした…。
1つ星47 件
知りたい!
Answer :
Q
#デート #パートナー 年下の男性を好きになってしまいました。彼は会社の後輩で、私とは11個、歳の差があります。年下ですが営業成績もよく、私の悩み相談に乗ってくれたことがきっかけで一度だけごはんにいったのですが、そのあと進展がありません。11も上の女性からアプローチされたら迷惑でしょうか?迷惑ではないとしたら、どんなアプローチをされたら、キュンときますか?
1つ星38 件
知りたい!
Answer :
Q
#HOW TO #ライフ 私の夫と子どもはHSP・HSCです。また会社の部下や同僚のなかにもHSPなのではないかと思う繊細な方がいます。彼ら、彼女らと接するうえで気をつけた方がよいことがあれば教えてください。
1つ星51 件
知りたい!
Answer :
Q
#オトナ磨き #パートナー 私はHSPです。すぐに彼氏に依存し、尽くしすぎて「しんどい」と感じる交際をしてしまいます。依存しないための改善方法はありますか?このような相手とならうまくいくのでは、といったアドバイスもいただきたいです。
1つ星78 件
知りたい!
Answer :
Q
#コン活 #失恋 40代のこじらせ女子です。結婚相談所や婚活パーティー、アプリ、合コンなどで出会った男性とデートを重ねててきましたが、30歳のときに円満に別れた元彼が忘れられません。お互い恋人はおらず、連絡はたまに取るのですが、復縁のアドバイスをいただきたいです。
1つ星62 件
知りたい!
Answer :
Q
#コン活 #パートナー 年下の彼と交際2年。人並みに交際してきましたが、「こんなに合う人はいない」と思うほど彼が好きで居心地がよいです。いずれ結婚を…という話は出ており、私たちのペースで少しずつ進んでいる気はするのですが、私が20代後半ということもあり周囲の結婚ラッシュに焦り、不安になる日もあります。
1つ星61 件
知りたい!
Answer :
Q
#HOW TO #コン活 「結婚前に必ず同棲したい」と話していた彼から同棲の話が出ました。このまま良い関係を築きながら「結婚」するための注意点やコツはありますか?また、ズルズル長引いてしまわないか不安なので、その対処法も知りたいです。
1つ星70 件
知りたい!
Answer :
Q
#HOW TO #コン活 30代前半です。結婚願望のないパートナーと別れて婚活を始めたいと思っていたのですが、コロナで出会いがないのでは…と踏みとどまってしまいます。オンラインは少し抵抗があり、別の出会い方を知りたいです。
1つ星61 件
知りたい!
Answer :
Q
#シングル #失恋 ふたりで食事に行ったり、毎日連絡を取り合っているときはすごく積極的な彼。しかしグループでいるときは目も合わず、話しかけてもそっけない態度。「好き避け」されているのか嫌われているのか不安です。攻略法があれば教えてください。
1つ星54 件
知りたい!
Answer :
Q
VIEW MORE